2017/03/26

スケール。

コレ、出来いいわぁ~!

Dsc_0333_2
「TOYOTA 2000GT」のトイラジですよ、トイラジ。

ライトも点くんですよ!

Dsc_0339_2
スゴイっしょ!

っていうか、また買ったんかい!

最近、「ネットフリマ」ってのを知って、試してみたかったんですよ。

どんだけフリマ好きなんだよ。

まぁ、えらい安かったんで。

もちろん そのままでは納得いきませんので、ちょっと手を加えちゃいます。

Dsc_0336_2
「墨入れ」ですよ。

コレやるとシマるんですよね。

っていうか、ボディ色 変わってるじゃん!

何台買ったんだよ!

3台買いました。

赤と白の2台購入しようとしたら売主さんから、

「白がもう一台あるんで、ついでに引き取って下さい。」

という返事が。

「まぁ、孫にあげればいいか。」

ということで3台購入した次第です。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpwv8ch

フロントマスクからして、前期型の2000GTですね。

このデティールは、なかなかのもんですよ。

トヨタ自動車も承認している商品ですからね。

Varwwwclientsclient1web2tmpphplcqcj
プラモデルとかミニカーとかもそうなんですが、「スケール」ってありますよね。

「縮尺」ってヤツですよ。

クルマ、飛行機、鉄道などそれぞれ実車の大きさが違いますから、対照物によって主流となるスケールも違ってくるんですね。

どうやら それらのスケールは、「手のひらサイズ」という事が基準になっているらしいです。

クルマの場合、プラモデルは「1/24」が主流ですよね。

大き過ぎず、小さ過ぎずという絶妙な大きさです。

プラモデルは、ミニカーと違い「製作する。」という作業が伴うので、あまり小さすぎてもいけない訳ですね。

ミニカーは、よくご存知のトミカが「1/43」なので、日本で「ミニカー」と聞くと、だいたい「1/43」の大きさを想像しますね。

今では「京商」というメーカーも参入してきて「1/64」という独自のスケールを展開しています。

食玩など缶コーヒーなどにオマケとして付いているミニカーは、圧倒的に京商の物がクオリティが高いですね。

近年は、成型の技術が格段に向上しているので、小さな物でも かなり精密に再現されていて驚きますよね。

Dsc_0340_2手前の240ZGが「京商」、奥のマクラーレン・ホンダがトミカになります。

でもアメリカの主流はちょっと大きくて「1/18」が主流のようです。

アメリカ人は、やたら でかい物が好きですからね。(笑)

航空機は実物がでかいので、戦闘機が「1/72」、旅客機が「1/200」が主流ですね。

鉄道模型は世界的に見るといろいろスケールがあるんですが、日本では「TOMIX」や「KATO」が採用している「Nゲージ」が主流なので「1/150」となっていますね。

6r0ffabv9ucoqws1490526929_149052701マニア仲間の友人から画像をお借りました。「Nゲージ」ですね。このクオリティの高さは圧巻です。

列車は長いので、これも実に絶妙な大きさだと思いますね。

ちょっと珍しいのは、「1/35」というスケール。

これはタミヤ模型が独自に採用したスケールで、戦車などミリタリー関係はこのスケールにしているんですね。

とまぁ、スケールにもいろいろあるんですが、

でもコレ、単純に実車を採寸し、同じ比率で縮尺して作っているんじゃないんですよ。

Rzrcv2o6sc322191490527939_1490528_2

実車は実車であのサイズ感がカッコいいという事は当然なんですが、だからと言って それをそのまま縮尺してプラモやミニカーにしてもバランスが悪くなるらしいんですよ。

だからメーカーさんは独自にホイールベースを変えたり、フロントノーズを長くしたり、微妙に比率を変えて制作しているんですね。

だからプラモやミニカーのサイズでも我々は「カッコええ~!」と満足するということなんです。

やっぱオモチャメーカーって凄いんですよ。

特に日本のオモチャメーカーは、世界でも絶賛されていますもんね。

ああ、ちなみにプルバックカーのタカラトミーの「チョロQ」とかマルカの「ドライブタウン」等は、デフォルメされているのでスケールは記載されていませんね。

でも、その出来は素晴らしいものがあります。

私的には、デフォルメされているほうが好きな感じがありますね。

Dsc_0343_2画像の「ハコスカGT-R」は、左から「ドライブタウン」、「スタンダード チョロQ」、「ちびっこチョロQ」になります。

Dsc_0344_2このデフォルメは見事だと思います。

やはり日本のメーカーは、オモチャにおいてもその技術力の高さは驚くものがありますね。

wrench

そして、最後にコレは「1/1」のモデルになりますね。(笑)

Dsc_0207_2
自らが乗れるので、これが一番楽しいかな!

今日はとっても「マニアな話」でしたね。

昨日、BS日テレで放送していた「中川翔子のマニアまにある」の放送が終了したので、かなりブルーな日曜でした。

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/25

チョップトップ。

今日は休日だったので、MD工房でした。

先日、バイクを初トランポしました。

Vyng5agxyzxh_ui1489307814_148930788
イーハトーブは難なくトランポできたんですが、一番楽にトランポできそうなレッツ4ができなかったんですね。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpppujw
フロントスクリーンが高すぎてクルマの天井に当たってしまうんですよ。

冬場などスクリーンはとても重宝しており、外したくないし、なんせ苦労して付けたので尚更です。

でもトランポすることは譲れないので、暴挙に出ることにしました。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpk15lj
切っちゃいました!

あ~あ・・・・・。

でもこの技法は意外にもカスタマイザーの間では定番の技法なんです。

これですね。

画像借りちゃいましたけど。

Cb5940716fdec650cc82de3fe2f34b84e32
Pr6_2
クラシック・ビートルやヴィンテージ・アメリカンなんかで窓を小さくするカスタム、「チョップ・トップ」ですよね。

Dsc_0322_2
小心者の割には思い切りがいいという、訳がわからない性格なので、意外と躊躇なく切っちゃいましたね。(笑)

樹脂専用のノコギリである程度の形にして、ヤスリでチマチマ成形しました。

「R」の部分が不自然になると「やっちゃった感ありあり」なので、「R部」の処理には細心の注意を計ります。

Dsc_0320_2
どうですか?割とカッコよくないですか?

Z9e_kkd7fturvn61490450260_149045029
ちゃんとトランポもできるようになりました!

なんと言ってもレッツ4は、驚異的な燃費の良さなので、トランポでは一番出番が多そうですからね。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpqjis6
午後はバイクで走るも どん曇り。

明日は雨か・・・・。

では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/19

16年間、ありがとう、オリゴ糖。

今日、庭に立てた枕木を切った。

2001年、家を新築して間もない頃、私が一人で210センチの枕木を手鋸で6時間かけて3分割し、ツルハシで穴を掘り、立てた我が家のシンボルとも言える枕木である。

3_2完成記念に撮影した写真です

バイク小屋としてユニットハウスを置くためにユニック付き4tトラックが入れるようにしなければならなかったのだ。

苦労して立てただけあって、万感の想いがあった。

始めは引き抜こうと思い、掘り返していたんですが、周囲をモルタルで固めていたため抜けなくなっており、もはや切るしかありませんでした。

その枕木を電動ノコギリで切ろうとしてノコ刃を当てると、根元が腐っており半分朽ち果てていました。

約16年もの間、雨の日も風の日も我が家を見つめ、耐えてきた枕木。

お疲れ様でした。

そして、ありがとう。

Czzjgcfql1j4gan1489924043_148992409正直、すっきりしてクルマも入れやすくなりました。

ただ殺風景なので、少しづつガーデニングでもやっていこうかな。

プランだけはたくさんあるんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/18

夢のドリーム、急展開。

WBC 侍JAPAN、快進撃ですよね!

鳥肌もんですよ。

アメリカでの準決勝は残念ながら仕事で観る事ができませんが、私の魂は既にアメリカにあります。

世界一、奪還だーっ!

baseball

さて、「夢のドリーム」、「バイク小屋をそろそろ・・・」という話を微妙に臭わせながらも、「全然進んでねぇじゃねぇか!」とお怒りの貴兄、聞けい!

そんなことはないんですよ。

「どのようにバイク小屋を建てるか」を日夜研究中なんです。

でもここへきて、大きくプランを変更しようという考えが沸き上がりました。

当初は自分で建てる事を考えていたのですが、材料費やらを算出していくと、安価に仕上げようとしている割には、結構な費用になることが判ってきたんですよ。

それにそんな労力は既にないという事も自覚しております。

私の考えるバイク小屋を建てる為の条件は、

・ 予算を大幅に超えないこと。

・ 雨風をしのげること。

・ バイク3台が入り、小屋内で作業ができる広さであること。

・ 見た目がそこそこイケてること。

・ 窓が付いていること。

・ コンセントで電気が使えること。

・ 私が死んだ後、そのまま利用できる小屋であること。

この全てを満たしていないと結局あまり意味がなくなってしまいます。

まずは、地元のガーデンショップ、エクステリア店など数件に「こうしたい。」という話をして、見積もり依頼をしました。

しかし、どこも予算内ではとても収まらず、「検討しま~す。」と誤魔化しているところです。

「どうしたもんじゃろの~。」と考えられない程所有するガレージ関係の書籍や資料を見ながらいろいろ悩みました。

そこで考え始めたのは、「置くだけ作戦」です。

つまり、すでにできている小屋を置くだけということです。

海上コンテナやJRコンテナ、あるいはトラックのコンテナなどを改造してバイク小屋にしている人が結構いるんですね。

最近では、店舗に改造したり、趣味部屋に改造する人もいるみたいですよ。

本日、早速に調査のため中古コンテナを扱う店を見にいきました。

Dsc_0308_2
敷地の関係で最大で12フィートのコンテナしか置けないので、実際の大きさを確認しました。

12フィートのコンテナは、およそで幅3600ミリ、奥行き2400ミリ、高さ2500ミリです。

画像の物は、JRのコンテナで正面が観音開き、右サイドも観音開きです。

扉はかなり重い感じですがバイク小屋にはジャストサイズです。

問題は窓が無い事で後付け改造もできるけどかなり割高になることですね。

もう一つの問題点が発覚しました。

大きさ的にはベストなのですが、置こうとしている場所の上空に電線が走っているためユニックでコンテナが下ろせないということなんです。

V40tx9bkj9urgd51486890816_148689092
急遽、庭側に置く事を検討することにして、話は終わりました。

これはちょっと誤算だったんですが、庭側に建てるプランもあることはあったので想定内ではあります。

帰り道、もう一つのプランも確認するためもう一件の店に立ち寄りました。

基本的に少し割高になるのですが、「ユニットハウス」という物があります。

窓が付いていたり、内装もコンテナとは違い荷物用ではなく、住居用に作られています。

Dsc_0309_2_2
なんとラッキーなことにちょうど決算月で安売りの物があるではありませんか!

女性の店員さんに頼んで見せていただきました。

窓も付いており、天井には蛍光灯も付いています。

床も頑丈でバイク3台でも余裕です。

そしてなんとコンセントもついているんですよ。

大きさは幅3300ミリ、奥行き2400ミリ、高さ2500ミリとほぼ12フィートのコンテナと同じです。

しかも、「置くだけ」なので組み立て費がかからず、運搬・設置費のみなのでかなり割安です。

更には、「今月中に決めていただければもう少し割引しますよheart04

かなり心が動きました。

ただやはりユニックで下ろすため、設置場所は庭側になります。

Lgncwxzqr84ggq61489838448_148983854
今、クルマを置いているとこら辺ですね。

決めてもいいかなぁ・・・?

俺が死んだら物置になるし売却もできるし。

う~ん、もう少し考えよう・・・。

悩む事が大切です。

では。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/12

フリマで夢の進捗。

昨日は、御前崎のフリマでした。

いつもだいたい「あったら買おう!」と目的をもって行くようにしているんですが、昨日は欲しいと思っている物が三個 一気の出品されていました。

もちろん短時間にすべてGET、まさにミラクルでしたね。

しかも全て予定金額よりも安価に入手できました。

あまりお金を使わないようにするため、早々に帰宅しました。

見てると買いたくなっちゃうんですよ。

では、戦利品をご紹介しながら今日の話題を。

まずはコレ。

Dsc_0305_2

「BLACK & DECKER」 電動ノコギリです。

新品で8000円の品物が中古で3000円。

現在、夢のガレージを手に入れるため施工方法を日夜模索中です。

その作業では、無類なき働きをこなすであろう一品と相成ります。

この電動ノコギリ、先端の刃物を交換するとジグソーに変身いたします。

「ジグソー」と言っても「スカイハイ」のほうではありません。

C0048418_1263073
「ジグソー」とは曲線が切れる電動工具ですね。

木工は素人なので、電動工具に頼らないと出来たもんじゃありませんよ。

次はコレ。

もう一つの夢に使うアイテムです。

Dsc_0285_2
「ホイールチョック」といいます。

未使用品2500円のところ2000円に値切りました。

バイクを積載する時にフロントホイールを固定する物ですね。

実際は床にコンパネを敷いてねじ込む予定です。

バイクのトランポの肝はフロントタイヤの固定だと言います。

これでタイヤを固定してブレーキレバーも縛って固定すればもう前輪は動きません。

ガレージと平行してトランポ作りも始まってます。

最後はコレ。

Vyng5agxyzxh_ui1489307814_148930788
出た!「ラダーレール」ですよ!

4000円で出ていたんですが、値切って3000円で入手出来ました。

最近は「クラシックカー・ディーラーズ」をよく見ているので、マイクの値切り方で物を買うんですよ。

どんな買い方かと言いますと、(マニアックな話だな。)

例えば今回のように4000円で出ていたら、「3500円ぐらいかな?」と目利きをする訳ですよ。

でも売主さんには、「3000円なら買うよ。」と言うんです。

「3000円じゃぁ売れないな。」という感じで売り主さんが言ってくるから、

「じゃ、中をとって3500円で!」

「売るよ。」

「握手を!」

というのがマイクの買い付けの仕方なんですよ。

20140213wheelerdealersmike

でも今回は、「3000円にならん?」って言ったら、

「いいですよ!」

と あっさりOKだったんです。

そんな事もあるのでフリマはやめられません。

happy01

「ラダーレール」、これがないとバイクは載せられませんね。

もう試しにバイクを載せちゃいました。

エンジンかけて載せようと思っていたんですが、手で押しただけで割りと簡単に載ってしまいました。

ちょっと拍子抜け。

エンジンをかけて載せる時は、タイヤの回転力でラダーが吹っ飛ぶのでこうやって固定する必要があります。

Lr2cuqgmyg5fggk1489307913_1489307_2

実は以前にもラダーを入手していたんですよ。

6bzhrky5nc1iold1489307995_148930805
このように二本使いで、私自身もバイクと同じ高さで載せないとやりづらいのかなと思って二本入手したんですが、一本で充分でしたね。

テスト的に後側二本だけタイベルトで固定しましたが、ものの見事に二輪自立で固定されます。

フロントもタイベルトで固定すれば おそらく完璧だと思います。

Dsc_0287_2
ベンリィでも挑戦してみましたが、ベンリィは重過ぎて押しただけでは載せることができませんでした。

ベンリィは車長があるので、リヤシートを畳んで、エンジンの力で載せないとダメだと思いますね。

D1breo16k1tgpj01489308091_148930819
レッツ4は、フロントスクリーンが邪魔で入りませんでした。

載せる時は、フロントスクリーンを外さないといけません。

今日、テスト的にバイクを載せてみて、かなり手ごたえがありました。

これならバイクを載せて遠方にも行けそうです。

sun

午後は父の墓参りに行きました。

Dsc_0295_2
梅の花がキレイに咲いてましたね。

Dsc_0290_2
少しづつ春は近づいていますね。

実家にも寄ると兄がジェイドにマフラーカッターを付けてました。

Dsc_0302_2
最近のクルマは、排気口が下向きになっていたり、奥ばっていたりするので、昭和のクルママニアは納得いってません。

クルマのリヤビューのカッコ良さは、マフラーが6割を占めています。

やっぱ迫力ある排気口じゃないとね。

ジェイド専用のマフラーカッターですが、どうも作りがイマイチでした。

兄と二人で苦労して取り付けました。

走行中、脱落したらいけませんものね。

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«遂に見た!本多忠勝の魂。