2016/08/20

バイクのふるさと浜松 2016

そろそろ仕事も近いということで、遊んでばかりもいられなくなってきました。

今日は早朝から溜め込んでいた資料作りを自宅で行いました。

ちょっと昼から行く所があったので、意外にも集中しての作業でした。

やればできる子です。think

sun

今日もかなりの暑さでしたよね。

昼から行った所とは、ココなんです。

Photo
毎年この時期に開催されるバイクのイベントです。

私も毎年欠かさず行っているんじゃないでしょうかね。

P7140542_2
地元ナンバーのバイクは当然多いんですが、他県ナンバーのバイクも凄く多いので、全国的にもメジャーなイベントなのかもしれません。

遠州生まれの三大バイクメーカーは必ず新型バイクの展示やレーシングマシンの展示も行なってくれます。

P7140515_2

また、バイク用品のメーカーや普通のバイク屋さんの展示もあり、なかなか普段は体裁が悪くて触れないバイクも触る事ができます。

バイク用品も格安販売されていたりなかなかのイベントですよ。

ただ、私は金が無いので新型バイクやバイク用品を見たとしても、それは冷やかしに過ぎません。

私の本当の目的は、このイベントです。

今年もやってくれました。

トライアル・ライダーのデモンストレーション!

もう恒例になりつつある、ホンダの小川選手とヤマハの黒山選手。

P7140539_2_2
もちろんこのお二人はライバルなんですが、軽快なトークを繰り広げながらデモンストレーションを行なうのでとてもおもしろいんです。

P7140541_2

違うメーカーの選手が一緒にデモンストレーションを行なうイベントはこの「バイクのふるさと浜松」だけみたいですよ。

P7140536_2
とてもサービス精神が旺盛の二人なのでホントに楽しいです!

だだ、バランス感覚とバイクテクニックは、笑えないぐらい凄いです。

最後に観客の皆さんとハイタッチして終わるのが定番なので、毎回いい歳をしてハイタッチしてもらってます。happy01

もう一つ目的がありました。

P7140551_2_2「仮面ライダーゴースト」 ショーを見る事なんですよ。

これは見逃せません!

ヒーローショー、ヤバいですね!

いい歳なんですけどね。(笑)

smile

こんな気になるバイクも展示されてました。

「月光仮面」ですよ。

「ホンダ・ドリーム・スポーツ」です。

P7140525_2これはカッコいい!

あとコレも!

P7140533_2でもコレ、プラモですよ!

作った人、凄いです!このリアリティはハンパない!

P7140535_2

こんなプラモも。ケビン・シュワンツですよ!

なんかこのシーン、見たような気がします。

鈴鹿で優勝した時ですよね。

P7140556_2バイク版の「痛車」もあったんだ・・・・。

sun

イベントは明日まで開催されています。

イベント内容は若干変わるようですが、バイクが好きな方は行ってみるのもいいかも。

私もまた行こうかな・・・。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/08/19

私でいいんですか?

こんばんわ。

長かった連休も終わりに近づいてきました。

昨日、兄から

「明日、弘法大師様を拝みに行くか?」

というメールが入りました。

この連休お寺さん等、仏様を拝んでいなかったので、お誘いに乗っかる事にしました。

かなり前から行きたかった場所でもあったので、昨夜は寝る前に座禅を組み、心の準備をしておきました。

朝9:00 出発です。

今回は、レジアスエースで行く事になりました。

目指す場所は愛知県。

伊勢湾の真ん中に突き出たところ、知多半島になります。

その先端部は南知多町、ここには弘法大師様(空海)が、修行のために海を渡ってきたという伝説があります。

おそらく船で来たと思うんですが、何せ大師様は凄いお方。

「海の上を歩いて来た。」という伝説まであるみたいです。

ここには知る人ぞ知る、それを再現した「上陸大師像」が何と海の上にあるんです!

今日はそれを拝みに行くのが最大の目的です。

sun

割とのんびり出かけたので、到着は昼になりました。

Varwwwclientsclient1web2tmpphp6lp04大井埠頭にクルマを停め、海沿いの歩道を歩いて行くと、「聖崎公園」があります。

すると、海側にとても小さく大師様の像がお目見えします。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpekkqy
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ホントに大師様が海の上にいるーーーーー!

Varwwwclientsclient1web2tmpphpn91wb大師様の前で漁をされている人がいますが、なんとも不思議な画です。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpdg7dl

岸に拝む場所があったので、合掌しました。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpasd6x
P7130489_2_2頭のシルエットは完全に僧侶ですよね。(笑)

happy01

もっと近くで見たい!

干潮なので、海に下りることができました。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpprk_2徐序に近づいていきます。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpzmz6w高さが4メートルぐらいある像だそうです。

ヤバい感動してきた!

Varwwwclientsclient1web2tmpphp3noi8とても美しい像でした。

この岩が更に神秘的な雰囲気を加速させます。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpxkyuj思わず合掌してしまいます。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpvt0lsよくぞ作ってくれました!

やっと見る事ができて感激でした。

頭とか肩とかから出てる針金は、おそらく鳥避けでしょうね。

「聖崎公園」に展望台がありますので、そこからも拝んでみたい。

猛暑の中、汗だくで山を登っていきます。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpl7hck真ん中のところが展望台です。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpkrcru登る途中から見ると、またそれも違う雰囲気ですね。

汗ヤバ状態で展望台到着!

Varwwwclientsclient1web2tmpphpwzggdうわぁ~!こらゃ絶景や~!

満潮だったらもっと神秘的になりそうです。

大満足です!

Varwwwclientsclient1web2tmpphpnhecw


Varwwwclientsclient1web2tmpphpijxgu
この夏、一番の感動でした。

大師様、ありがとうございました。

知多半島には、四国の八十八箇所巡礼を小規模にしたお遍路さんがあります。

「知多四国八十八箇所霊場」と呼ばれています。

四国のお遍路さんはなかなか難しいので、知多のお遍路さんなら出来るかもしれません。

いづれやってみるのもいいかもしれません。

さすが大師様ゆかりのお寺さんが知多にはたくさんあるんですね。

その三十三番札所、 「宝珠山 北室院」で「上陸大師」の御朱印がいただけます。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpqwa37


Varwwwclientsclient1web2tmpphp9fqiw

御参りして、御朱印をお願いしようとしましたが、納経所にはどなたおりません。

「ごめんくださーい。」

と呼ぶと奥さんらしき女性が出てきました。

「御朱印をお願いしたいのですが・・・。」

「書いた物がありますので、それでもよろしいですか?」

どうやらご住職は不在のようです。

「大丈夫です。御本尊と上陸大師の御朱印をお願いします。」

でも、どうやら「上陸大師」の御朱印のほうを切らしてしまっていたようで、その奥さんが申し訳なさそうに言いました。

「私でよければお書きしますが・・・。あまり上手くないですが・・・。」

まぁ、私は別に上手い下手にはこだわっていないので、

「大丈夫です。書いていただけますか?」

すると奥さんは言いました。

「私でいいんですか!」

えっ?さっき「書く」言うたやん!

書いていただきました。

Dsc_1461_2なんのなんの、立派な御朱印です。

ありがとうございました。

お坊さんの奥様も大変ですよね。pencil

こちらは御本尊の御朱印です。

Dsc_1460_2
こうして猛暑の中、大師様を拝むことができました。

なんの刺激もない連休でしたが、これだけでこの連休も意味があるものになりました。

合掌。

sun

そのまま、帰り道に愛知県豊川市にある「豊川稲荷」に立ち寄ることにしました。

豊川稲荷の御参りは私自身初めてです。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpcuq2p
私も知らなかったんですが、「豊川稲荷」さんは「お稲荷さん」と呼ばれているので神社だと思っていたんですが、お寺だったんですね。

「豊川稲荷」は通称で、正式には曹洞宗の妙厳寺というお寺さんなんだそうです。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpemvmq

Varwwwclientsclient1web2tmpphpqkvfc
でも、境内には大きな鳥居があり、お寺の山門もあり、もちろん釣鐘堂もあります。

なんか不思議で複雑な感じです。

Varwwwclientsclient1web2tmpphphhkh0
これはまた立派な本殿でした。びっくりでしたよ。

こちらもお寺の「本堂」ではなく、神社の「本殿」という呼称の説明書になっていました。

でも御参りは、お寺さんなので、「合掌」です。

妙厳寺

山号 : 円福山 豊川閣

宗派 : 曹洞宗

創建 : 1441年

御本尊 : 千手観音

この神仏の曖昧さが気になってちょっと調べてみました。

豊川稲荷のお稲荷さんは、仏法守護の神様なんだそうです。

明治時代に「神仏分離令」というのが発令されました。

それまで、お寺と神社は同じ境内にある場所も多かったようですが、この分離令により、多くのお寺さんが廃業に追い込まれたそうです。

この豊川稲荷もやはり神仏分離という事から、お稲荷さんと仏様を分けるように通達されていたようです。

でも、ここのお稲荷さんは特殊で、「仏様に守られている。」という認識があり、豊川稲荷側も、あくまでも神仏分離には反発したそうです。

それがそのまま現在に至っているため、同じ境内に神社クラスの鳥居とお寺の山門が存在しているそうです。

でも、どこのお寺にも、片隅のほうにお稲荷さんが祀られていたりしますよね。

その規模の問題で、そんなに不思議な事でもないのかもしれないですね。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpjlrtk
「狐塚」と呼ばれるパワースポット。お稲荷さんのこの数は圧巻でしたね。

お稲荷さんは商売や農業の神様です。

豊川稲荷は、日本三大稲荷の一つに数えられ全国から商売人の方が参拝にみえるそうです。

御本尊の御朱印をお願いして書いていただきました。

Dsc_1463_2
でも御朱印を書いていた人が間違えて御本尊以外の御朱印も書いてしまいました。

Dsc_1462_2

「間違えちゃったのでこちらは無料で結構です。」

かえってラッキーでした。

そういえば今日の「めざまし占い」で ふたご座は「いい日になる。」だったよなぁ。これだったか・・・。

今回は、とても充実した参拝となりました。

もっともっと、仏教と神道について勉強する必要がありそうです。

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/08/18

秋葉。

連休だというのに、ウッドデッキ作りなどに時間を費やしてしまいバイクにもドライヴにも行けてませんでした。

昨夜も、

「明日こそは バイクに乗る!」

と、異常とも呼べる程の意気込みを見せ、早めに床に入りました。

でも、ウッドデッキ作りでかなり疲れていたので、朝9:00まで爆睡。

「昨夜の意気込みは何だったんだ。」

と意気消沈する朝でした。

「まぁ、そんな事もあるさ。」と気を取り直し、倉庫からイーハトーブを出します。

今朝 企てたスケジュール

AM イーハトーブで海まで走る。

    何も考えずに缶コーヒーを飲みながら ただ波の満ち干きを見る。

  一時的に帰宅。

    金ちゃんの ねぎラーメンを食べる。

PM ベンリィに乗り換え、地元の山にある有名な神社へ参拝に行く。

    自分は「寺だけではない。」という所を少しアピールしておく。

sun

AM 10:00 イーハトーブでいつもの海岸を目指し、のんびりスタート。

エンジンの調子が良く、走りが快調です。

\(^o^)/

海に到着すると海岸の入り口に警備員がいました。

「すいませーん。立入禁止でーす!」

いつもの海岸が何と防波堤の工事中で立入禁止!

しょうがないので引き返し、近くの行った事のない海岸へ。

wave

P7120419_2
缶コーヒーも購入済みだったけど、座るとこがない!

しょうがないので、バイクに跨り 缶コーヒーで一息。

でも落ちつかない。

「オレはバイクと海のコラボを見ながらコーヒーを飲みたいんだ!」

P7120420_2
ほとんど一気飲みで全然ダメでした。catface

スケジュールがあるので、そのまま帰宅。

noodle 金ちゃんの ねぎラーメンを食べ(またかい!)、午後の部スタート。

sun

今度はベンリィを倉庫から引っ張り出します。

今度は海とは反対方向、一路、山の方へ。

(;;;´Д`) もうヤバいぐらいの暑さです。

今日、行ったところは、秋葉山という山の頂上にある神社、秋葉神社本宮です。

山の入り口には、

P7120464_2こんなでかい常夜灯があり、結構な目印になります。

奥の赤い橋を渡ると秋葉山本宮秋葉神社に入山する参道入口になります。

P7120465_2
でもここからが結構長い道のりなのです。

数キロはある山道をひたすら登って行く訳ですよ。

非力なベンリィは山道など登坂を苦手としています。

2速と3速を駆使しながら、ベンリィは山を登っていきます。

ガンバレ!ベンリィ!

P7120458_2
やっと着きました。よくやったベンリィ!
2~3台のバイクに道を譲りましたよ。

P7120457_2
こりゃ立派な鳥居だ!

鳥居ってなんでこんな形しているんでしょうか?

その昔、天照大神が幼い頃、何かにイジけて、洞穴にこもってしまい出てこなくなってしまった事があったそうです。

お世話をする付き人達は困ってしまいました。

何度も「出てきてください。」と、お願いしても出てきてくれません。

付き人達は考えました。

天照大神は小鳥が好きでした。chick

「小鳥の鳴き声を聞かせれば きっと出てきてくれる。」

そう思い、洞穴の入口に鳥の止り木を置き、小鳥達を呼び寄せました。

ピヨピヨピヨ♪

すると天照大神は小鳥達の鳴き声に釣られて洞穴から出てきてくれたんだそうです。

その鳥の止り木の形が現在の鳥居の形になったという伝説です。

P7120461_2
私は仏教に興味があり、お寺さんに足を運んでいるんですが、神道を信仰していない訳ではないんです。

遠出をした時そこに大きな神社さんがあれば立ち寄って御参りしたりしますし、普通に信仰しています。

歴史を辿ると、日本においては仏教よりも神道のほうが遥かに歴史があります。

西暦538年、日本に仏教が伝来しました。

その時、当然のことながら神道と摩擦が生じたんですね。

この時代の二大豪族、仏教を受け入れる事を主張した蘇我氏と反対した物部氏。

この二つの豪族の間で激しい論争が繰り広げられました。

それはやがて争いにまで発展してしまい、ついには、蘇我氏が物部氏を討ち取った事で決着がつき、仏教が日本に定着するようになっていったという ちょっと悲しい歴史があります。

日本という国の素晴らしさは、そんな歴史を乗り越えて、神様と仏様がしっかりと共存してきたところにあります。

日本人は、仏教と神道の両方を信仰できる広い心を持っているんです。

どんな人でも普通にお寺さんへ行けば合掌し、神社さんへ行けば二礼二拍手一礼します。

日本人のDNAには既に神仏の両者が組み込まれているんです。

P7120422_2P7120423_2
ではこの鳥居をくぐり、本殿を目指します。

P7120424_2
「万里の長城」のようなこの階段をひたすら登っていく訳です。

あの~、昨日の作業で疲れてるんですけど!

P7120426_2
数十分登ると、神門が見えてきました。

比較的新しい門ですね。資料によりますと、平成17年に建てられたそうです。

更に進むと、

P7120431_2
黄金の鳥居が見えてきました。この奥が本殿になります。

おっと、その前に・・・。

P7120430_2
手水舎でちゃんと身を清めます。

P7120432_2
出た~っ!本殿です。立派ですね。

こんな山の上によくぞ建てました。

秋葉神社は「火防の神」として有名なんです。

でも戦時中、秋葉山が山火事に見舞われ、この神社もほとんどが焼失してしまうという、「火防の神が火事で焼失」というシャレにならない事態になってしまいました。

でも言い換えれば、「秋葉山が身代わりになってくれた。」とも言えますよね。

長い間、山の麓に仮の社「下社」が築かれ運営されてきました。

昭和61年、長い年月を経て、現在の本殿が築かれました。

ですからこの本殿は「上社」とも呼ばれるんですね。

ちなみに「下社」は現在でも御参りできます。

P7120435_2
全国にあります秋葉信仰の神社の発祥はここになります。

皆さんよくご存知の東京の秋葉原。

今は「アキバ」とか言われてますが、これもやっぱここに関係があるんですよ。

明治天皇が当時大火に見舞われた今のアキバの土地に火防の神、秋葉大権現を祀ったんです。

それから人々が「秋葉様」とか呼ぶようになったのが由来ですね。

だから本当のAKBファンを名乗る人は、ここに参拝に来ないとダメな訳ですよ。

ちゃんと麓から歩いて登ってきてください。

rain

本殿で参拝していると、大粒の雨が!ヤバっ!

しばし本殿の軒下で雨宿り。

でも日頃の私の行いのおかげで、数分で雨は上がりました!

(そもそも日頃の行いが良ければ 雨降らんだろ。)

おおっ!展望台だ!

P7120437_2
P7120434_2
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

真っ白。

本当は凄い絶景らしいです。

残念。crying

P7120439_2
こんなん見つけちゃいました。

さすが地元の大企業の会長さん。一番いいところに寄贈の証がありました。

今年、大変でしたよね。

手ぶらで帰るのも何なんで、お守りを買いました。

P7120486_2
奥さん用と、自分用。

社務所の前でこんなの見つけちゃいました。

P7120428_2

P7120429_2_2
昨年、嵐の二宮君がロケでここにきた時、記念に植樹したそうですよ。

「嵐にしやがれ」って番組で、この神社に祀られてる武田信玄公の宝刀「正宗」でスイカを切らせてくれというロケだったらしい。

もちろん無理に決まってるじゃん。

この神社は名立たる武将達が宝刀を納めた事でも有名なんですよ。

織田信長公や長宗我部元親公の宝刀もあるみたい。

cloud

天気が微妙なので足早に退散です。

神社の御参りもいいもんですね。

今回は御朱印はいただきませんでした。

神社さんでいただく時は、伊勢神宮からと決めています。

また今後も、神道について勉強していきます。

では、よい御参りで。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/08/17

熱中。

連休四日目。

sun くそ暑い中、ウッドデッキ作りの続きです。

今日から塗装に入ります。

その前にサンダーのペーパーが無くなったので早朝7:00からやってる工具屋へ行きました。

Dsc_1447_2
こちらのお店、今回初めて入店しましたが、結構な品数でとてもテンションが上がりました。

工具類から、作業着、作業用品、あらゆる資材まで手に入ります。

また、行き付けの店ができました。

早朝からやってるってとこがいいですよね。

帰宅したら直ぐ作業に入れるように作業着で行ったので、店の人は「連休なのに大変ですね。」的な感じだったかもしれません。

しかもクルマはレジアス・エースだし!

やっぱ想像以上に作業着とレジアス・エースはマッチするんですよね。

happy01

AM9:00。作業開始です。

まずは切り出した床材を並べて、裏面を塗ります。

ハケ一本しかないので、それで全てを塗ります。

コテバケやローラーがあると早いんですが、ケチって買いませんでした。

まぁ、なんとかなるっしょ。

P7110412_2
始めは一本一本塗っていたんですが、時間が掛かりすぎてラチがあかないので、並べて一気に塗る方法にしました。

こっちのほうが数倍楽に塗れて、時間短縮にもなりました。

塗料にも限りがあるので、裏面は一回塗りです。

かなりの暑さなので、しょっちゅう休憩しながらの作業です。

汗の量がハンパなくて、作業着の色が変わりましたよ。

会社で仕事してる時より汗が出てます。

やっぱ外作業、恐るべし!

かなり熱中しながら作業しているので、熱中症に気をつけないといけないですよね。

「熱中症」って熱中してやってるから発症する訳ではないんですけどね(笑)。

AM10:30 裏面塗り終了。

今度は、床材をひっくり返しながらビス留めしていきます。

この作業が塗りの作業よりも全然キツかったですね。

あまりの暑さとキツさで写真も撮りませんでしたわ。

P7110413_2PM12:15。暑さがヤバいので、ガリガリ君を食べて一息。

生き返りました!good

ちなみにビス留め作業はインパクトドライバーで留めていくんですが、電動ドリルで下穴をちゃんと開けての作業です。下穴を開けないと あっけなく材料が割れますね。

あと、水捌けを良くするために板と板の間に隙間を設けるのが重要です。

私はL字金具を間に挟んで隙間を均等にしながらビス打ちしていきました。

PM1:30 ビス打ち 終了。

あ~疲れた。shock

ここでかなりの体力を使い、体中が痛くなってきました。bearing

続いて床面を整えるため、電動サンダーで表面を均します。

「Show me sand the floor!」 (映画ベストキッドより引用)

Yjimage

しかーーーーーーーし!

またしても問題発生!

少しサンダーがけしたところで、いきなり電動サンダーが死にました・・・。

ご臨終です・・・。

ちーーーん。think

しょうがないので、だいぶクオリティは下がりますが、そのまま塗装することにしました。

手でサンディングする気力はもうありません!

P7110415_2二度塗りする一回目の塗りなので、ムラムラしててもOKです。

この時点で PM2:30。

1時間程乾燥させるため しばしの休憩です。

ちょっと頭も痛くなってきたし、(ヤバい?)朝から何も食ってなかったので、この時間を利用して「金ちゃんの ねぎラーメン」を食べました。

で、ちょっと昼寝しました。

sleepy

PM3:30 作業再開。

仕上げ塗りなので、さっきよりは真面目な心で塗っていきます。

sun

PM4:30 奥さんが仕事から帰ってきました。

「ふ~ん、その色にしたんだ。」

それだけかい!

P7110416_2
PM5:00。仕上げ塗り 終了。

もうこれで 止めじゃーーーーーーー!

本当は前にフェンスを付ける予定だったんですが、今回はこれで完成としました。

月並みな作業ではありますが・・・・・。

体力の限界。

終了することとなりました。

weep

連休に入り、もう三日もこの作業に時間を費やしていますからね。

そろそろバイクにも乗りたいし 海を見にも行きたいし。

また近々、フェンスの製作をすることでしょう。

今度は、もうちょっと涼しくなってから作業しよっ。

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/08/15

難関。

連休に入る前、連休の天気予報は割りと晴れ続きでいい感じだったんですが、連休に入ると結構な雨が多いですよね。

台風の影響でしょうか、予定が狂って困ります!

しょうがないので、昼間の雨が降っていない時間を有効に使い、ウッドデッキの修復をやっています。

Dsc_1445_2
早朝7:30。

手前の雨ざらしで腐っていた部分をぶった切りました。

ここから作業開始です。

材料は購入済みだったので、「現場合わせでチョコチョコやれば、まぁ、夕方までにはできるだろう。」と高をくくっていました。

しかーーーーーし!

跳んでも8分 歩いて10分

でした。crying

次々に繰り出す難関の数々。

P7100406_2
画像は床を前に延長するために足を作り、仮置きした状態なんですが、ここで問題発覚です。

今回は安価に完成させるため、「使える部分は残して利用し、使える廃材も使う。」というコンセプトで始めました。

まずはそこで計算が狂いました。

既存のウッドデッキは家を建てて直ぐの頃にキットで購入、私が組み立てた物なんですが、ずっと基本2×4材を使用したキットだと思っていたんですよ。

でも実際は違ってたんです。

P7100403_2幅が9ミリぐらい違っていて、はみ出るんですよ。

ここがハミ出ると床板が張れなくなるので大問題です。

「幅を9ミリ切りゃいいんじゃねぇ。」

とお思いの貴兄、聞けい!

2×4材を縦に人力で切るという労力は無謀とも言うべき行動です。

しかも素人が真っ直ぐ切れる訳がありません。

臨機応変に考えて、直ぐにホムセンへ。

ウチの近所のホムセンは何と朝7:00から開店してるんですよ!

更にもう一本自費で2×4材を購入。

ホムセンの資材館で1800ミリを何と縦切りにしてもらいました。

さすがホムセン。大きな切断機があります。

加工代 30円。 これも自費

もちろん奥さんに請求しないのが慈悲の心。

合掌。

P7100405_29ミリ切り落としてもらい、見事に高さがピッタリ!

ちなみに今回、計算して割り出した材料費は 13000円 。

この軍資金を奥さんからもらい、先日材料を買ってきたわけです。

部材は基本、長さ1800ミリの 1×4材 と 2×4材 を使用するのが最も安いということで、

1×4 ・・・ 240円×30本

2×4 ・・・ 340円×2本

あと、タッピングビスも40ミリの200本入りで600円という割安のヤツ。

塗料が3500円の水性塗料。

塗るためのハケは100均。

という内訳です。

ああ、100均でいい物見つけちゃったので買っちゃいました。

159ガレージの看板です。

Dsc_1443_2う~む、なかなかです。

最近の100均、更に充実してるなぁー。

wrench

まぁ、なんにしても現場合わせなんで、苦労するわけですよ。

P7100407_2何とか幕板(”鼻隠し”ともいうみたい。)まで張りましたわ。

明日は塗装じゃー!

更にイメージを加速させるために、床板を置いてみました。

P7100409_2

おおーーーーーっ!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

塗装してから床板を張ることになります。

ガリガリ君を食べながら ここまでの出来に満足していると、雨が降ってきたので速攻で撤収。

あ~疲れた。catface

早く終えたい・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«修復。