2018/05/27

人間50歳も過ぎると いろいろありますな。

この次期、自動車税の納税がありますよね。

クルマは必需品なので、家計から税金は賄われますが、バイクのほうは私の趣味以外何物でもないので、私の小遣いから賄うことになります。

Dsc_8111_2

ちゃんと納税しましたよ。私は模範囚ですか・・・coldsweats02

も、模範的国民ですから!

hospital

さて、ちょっとマズいことになりまして・・・。

最近、どうも疲れやすいなと思っていて、

「まぁ、5月、6月はいつも体調が良くないからな。」

と考えていたんですが、それでもどうもいつもと違う感じがしていたので、行き付けの医者に診てもらったんですよ。

いろいろ検査してもらって、原因が判りました。

「不整脈」

正式名称は忘れましたが「二段型」と言われる不整脈だそうです。

正常な脈の間に一回、余計な鼓動が入るイメージです。

心電図を見ると不整脈ではあるものの、それが割りと規則正しく続いているので、直ちに命に係わるという事ではないらしいです。

ただ私の場合、不整脈の回数が異常で、通常不整脈の人は24時間中不整脈の回数は1000回程度らしいんですが、私は24時間で50000回だったそうです。

常人より50000回も多く心臓が動いてるんだから、疲れて当然だったんですね。

正常な人が4ストエンジンだとすれば、私は2ストエンジンみたいなもんですかね。

ただ良い事もあって、この不整脈にも心臓がちゃんと耐えていて、しっかりと仕事をしているそうなので、かなり強靭な心臓だという話でした。

若い時、結構鍛えていたのがよかったのかもしれません。

結果、重症度は「中」という判断でした。

しばらくは薬で様子を見て、改善されなければ、「心臓カテーテル手術」ってのをやらないといけないそうです。

ただ手術しないと完治はしないそうです。shock

その病院にちょうど心臓専門の女医さんがいたので助かりました。

私でも解るように説明してくださいました。

私本人は、正直なところ、いずれこうなるということ予想していたというか、「まぁ、やっぱ成るように成ったか。」という感じなので、落ち込み度もあまりありませんでしたね。

不思議なくらい。

50歳過ぎると、やっぱいろいろありますよ。

逆にそれまで手を抜かず一生懸命やってきた証だと考えれば少しは自分も納得いくかな。

身内は納得しないだろうけど。

病気と共に生きるのも また人生。

sun

疲れるのであまり出かけたくなかったんですが午後、ちょっと父の墓参りにいきました。

Dsc_8120_2「今度は不整脈だってよ。」

「ばかやろう!何やってんだ!」

親父に怒られた・・・・。

heart01

スマホのケースを換えたんですよ。

私は手帳型のヤツを好んで使っているんですが、前のヤツがだいぶヤレてきたんです。

やっぱコレでしょ!

Dsc_8112_2おおっ!ブルース・リー先生がデザインされているぞ!

しかも、

Dsc_8113_2「考えるな、感じるんだ。」先生の「教え」もしっかりと取り入れられているデザイン。

泣かせるね。

Pb170648_2裏はこうなってます。「死亡遊戯」デザインでカッコいい!

先生、どうですか?

Pb170643_2おおっ、ええんじゃないか!

Pb170647_2ちょっ、ちょっと先生!勝手にヤフオク見ないでくださいよ!

では。



| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/05/14

病み上がりの病み上がり。

先週のタイトルは「病み上がりの作業」だったんですが、実は「病み上がり」じゃなかったんですよ。

本人は治癒したと思っていたんですが、先週GW開け一発目の仕事初めの日、また熱が出たんですよ。

更には、喉までやられて声も出なくなったんです。

仕事ができる状態じゃなくなってきたので、半日休みをもらいました。

ちょうど忙しい時期なので、さすがに一日休むことはできず半日に留めました。

行き付けの医者へ行ったら、「細菌に感染している。」という診断でした。

風邪が治る寸前、体が弱くなっているところへ細菌が入り込んだんじゃないかという事でした。

何があるかわかりませんね。

先週は今まで一番苦しかった一週間だったかもしれません。

久々に仕事を休みましたよ。

やっぱもう、歳だよね。

さて、まだ体調は100%ではありませんが、病み上がりで病み上がりの今日は、レジアス・エースのタイヤ交換に行きました。

昨年の11月にタイヤを換えたばかりだったんですが、中古タイヤだったので、早くもヒビ割れ状態が激しくなってきたんです。

タイヤは既に入手済みでしたので、いつもの格安工賃の店へ。

Dsc_8106_2大雨の中、タイヤ交換完了です。

Dsc_8107_2リヤタイヤは、いつもと同じようにナスカーの225/60R16サイズのタイヤにしました。

もう廃番サイズのタイヤなので入手が困難なんです。

以前、フリマで買ってストックしてあったタイヤです。

225はファットな見た目になるので好きですね。

Dsc_8108_2フロントは今回の交換の為に入手しました。

でもやっぱ225サイズはなかなか状態がいい物が見つからず、215/65R16サイズになりました。

これはナスカーの現行サイズです。

しかも貨物用タイヤになります。

Dsc_8109_2タイヤ幅が215になりましたが、ファット感はちゃんと残っていてよかったです。

見た目は225と あまり変わらないですね。

これでしばらくは安心です。

rain

雨だったので、少しバイクいじりです。

Dsc_8110_2_3JOKERのサイドカウルに深いキズがあるので、ステッカー隠しです。

一番手っ取り早い方法ですね。

では。











| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/05/06

病み上がりの作業。

連休ももう終わりですよね。

5/1と5/2に休日出勤をしたんですが終わった後、妙に疲れたんですよ。

まぁ、いつも疲れているのであまり気にせずにいたんですが、

「やっぱちょっと違うなぁ。」

と思っていたら、やっぱり昨日、熱が出て寝込みました。

37度。

世間では「微熱」というレベルらしいんですが、私は滅多に熱が出ないので、その程度でも全然動けなくなるんです。

「俺はもうダメだ・・・。」

と死を意識するわけですよ。

で、今朝になったら熱も下がっていたので、仏様に感謝し、合掌です。

think

予定が狂ってしまったので、連休中に仕上げないといけない作業を一気にやりました。

Dsc_8075_2ウッドデッキ、完成です。

Dsc_8068_2二度塗りで塗装しました。

Dsc_8069_2スロープは、会社でもらった木製パレットをアレンジして使用しました。

パレットは頑丈にできてますからね。

Dsc_8070_2ウッドデッキ上で転回するので、その都合上、バイクの入れ方はこうなってしまいます。

入り口を観音開きの扉にすればかなり使い易くなりそうです。

でも、よく正味2日で作ったな。

次は扉製作に着手かな。

wrench

一応は病み上がりなので、今日は出かけるのを控えようと自宅にいましたので、もう一つ作業をやっつけました。

以前、このレーシングフックをネットで格安入手していたんです。

Dsc_8055_2レジアス・エースでコレを付けている人は あまりいないのでやってみようと思ったわけです。

でも、

Dsc_8054_2長すぎて出っ張り過ぎなんですよ。

まぁ、「ハイエース200系適合」と謳ってはいましたが、やはりそこは汎用品であり、専用品ではないことを痛感したんですね。

この出っ張り状態で取り付けるわけにもいかず、増してや放置しておくわけにもいかず、なんとか取り付けようと思ったわけです。

そのために1500円でコレを買いました。

Dsc_8065_2ダイスです。

雄ネジを切るヤツですね。

ハイエース200系のフックネジのサイズは M22/P2.0

結構特殊なサイズらしく、なかなかこのサイズのダイスが手に入りませんでしたが、たまたまネットで中古品が安価で出ていたので買ったんです。

このためにです!

ネジを延長して棒の長さを短くするという方法です。

Dsc_8056_2ダイスを入手しても、こんなデカいダイスハンドルなんか持ってるわけもなく、考えた末、パイプレンチを引っ掛けて回すという荒業を思いつきました。

Dsc_8057_2どうですか?キレイにネジが延長できてるでしょ。

アルミ素材なので加工は容易です。

Dsc_8058_2金鋸でちょん切って、

Dsc_8059_2これぐらい短くします。

Dsc_8060_2グラインダーで切り口を整えて、

Dsc_8064_2取り付け完了!

Dsc_8067_2おおーっ!レーシーだ!

本日の作業は終了。

病み上がりで何やってんだ。

連休最終日の明日は自宅で仕事です。

では。

















| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/04/30

バイク小屋 リノベーション

今日は、結構な大仕事をしました。

連休じゃなきゃ こんな大仕事、できません!

バイク小屋の改良に踏み切ったんです。

バイク小屋からバイクの出し入れをする時は、トランポ用のラダースロープを使っているんです。

でも、これが結構なキツさなんです。

Dsc_1103_2イーハトーブは車体が軽いので、まだ余裕なんですが、ベンリィやJOKERになると重いし、ハンドルの幅もあるので、バイク小屋の出し入れには凄いテクニックを要するんですね。

おそらく、私しかバイクの出し入れができない状態なので、防犯という意味ではいいのかもしれませんが、でもやはり毎回はキツいです。

今回は、これを解消し、もっとストレスなくバイクの出し入れをしたいと思い立った訳です。

なかなかいいアイデアが浮かばず先送りにしてきたので、やはりこの連休で決着をつけようと本日作業を開始しました。

イメージ画をフリーハンドで描きました。

Img_20180430_0001
真面目に描けば、もう少しうまく描けます!(笑)

ウッドデッキを付けるイメージですね。

同じ高さでバイクを一旦出してウッドデッキ上でバイクを切り返すアイデアです。

スロープの位置もバイクを下ろし易い場所に設定します。

sun

朝一でホムセンへ材料の調達です。

昨夜、必要な物を書き出しているので、買い物は早いです。

実際に製作する前に仮組みしてイメージの確認と、大きさの決定です。

基本、現場合わせです。

Dsc_8039_2JOKERは切り返す時、床板がもう一枚必要かなという感じでした。

Dsc_8040_2ベンリィは結構キツく、やはりもう一枚床板は必要で しかも後ろ向きにバイク小屋に入れないといけないかも。

これでとりあえず大きさは決まったので、床板を貼っていきます。

Dsc_8041_2_2今回は、作業時間短縮のため、床板の幅を240ミリ幅の広い板にしました。

7枚使ってます。

厚さも20ミリぐらいあるので補強のほうは、2×4材を縦に4本入れで充分でした。

Dsc_8043_2位置は固定しないので、使い勝手次第で変更します。

240ミリ×7枚 なので、出幅が1680ミリ、約1700ミリ出ているので結構場所とりますよね。

そこは計算済みです!confident

ちょっと一工夫しました。

Dsc_8050_2床に三箇所、何か金具が付いてますよ!

もうお解かりですね。

蝶番です。

こうなるんですよ。

Dsc_8045_2通常は折り畳んだ状態。

バイクの出し入れや青空の下でバイクいじりの作業する時だけデッキを全開にして、このデッキ上が作業場になるとという訳です。

もうひと手間かけますよ。

先日、フリマで入手したこの電動工具。

実はこの為に入手したんです。

Dsc_8048_2リョービ製のトリマーです。

ビットも入手済みです。

そうこれは木材の角の面取りをしたり、溝を掘ったりする電動工具なんですよ。

この面取りビットでこうなるんですね。

Dsc_8046_2いつもはサンダーで適当に面を取っていたんですが、きれいに面取りができるようになりました。

トリマー、癖になりそう。

Dsc_8049_2スロープは会社でもらってきた木製パレットを改造して作る予定です。

こんな感じになるんでしょうかね。

本日の作業はここまで。

Dsc_8053_25/3 が雨になりそうなので、ブルーシートで守っておきます。

次回は、土台の設置と塗装のほうをしていきます。

明日と明後日は仕事なので、その後から作業再開で連休中に完成!

といきたいところですな。

今後の予定は、小屋の引き戸をやめて、観音開きのドアを自作する予定です。

現在、考察中です。

sun

実は昨日、こんな事もしてたんですよ。

先日、自治会長が家に来て、「ちょっと頼みがあるんだけど・・・。」

我家の裏にある細葉の木が大きくて、道路の見通しが悪く危ないので切ってくれという話でした。

私もそう思っていたので、やる事にしました。

まずは、電動チェーンソーの刃を交換。

Dsc_8031_2替刃は2480円もしましたよ!

自費ですよ、自費!

1525015647505_2一気に三本切り倒しました!

って簡単に書いてますが、全部一人でやったんですよ。

先日、シュワルツネッガーの「コマンドー」をBSでやっていたのを観ていたので、

1525015626141_2こんな大木もなんのその。

すべて一人で運び、一人で解体しました。

何と言われようと、「コマンドー」だから。

Interview36_photo01やっぱこの頃 凄ぇや、シュワちゃん。

では。

まだ連休は続きます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

連休はじめました。

連休、入りました。

中頃に休出があります。

今回の連休はバイク小屋を少しリノベーションしようと思っているんですが、なかなかプランがまとまりません。

まだ考察中です。

今日も悩んでました。

悩みながらも作業は行われます。

Dsc_8021_2JOKERのフロントバンパーを入手しました。

やっぱコレがないとね。

フォークカバーの取り付ける部品なのですが、フォークカバーのボルトが固着して外れず、力技で対応しました。

Dsc_8023_2ドリルでボルトぶっ壊しです!

別に頭に来ていた訳ではなくて、臨機応変な対応という事です。

バンパーに取り付けボルトが付属していたので何の問題もありません。

Dsc_8026_2
これがフォークカバーです。アルミ素材でだいぶ腐食してきていたので、水ペーパーで磨きました。

左が施工前、右が施工後。

Dsc_8035_2取り付け完了です。

そんなこんなで連休は続きます。

では。









| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ホーンやり直し!