2018/08/16

JOKERいじり 2

こんばんわ。

連休も終盤ですね。

天気が微妙な日が多い!

雨降るなら降る、降らないなら降らない、ハッキリしてくれ!

さて、連休はバイクに乗ったり、城巡りをしたり、割りと精力的に動いています。

今日は休日出勤をしましたが、昨日はバイクいじりをしました。

最近はJOKERばかりイジっているので、今回もJOKERイジりです!

今回はこんなアイテムを入手しました。

Dsc_8437_2クラシック ベスパ用のフロントキャリアです。

とても頑丈に作られていましたよ。

当然そのままでは取り付く訳もないし、

「ま、何とかなるっしょ。」

のレベルで入手しているので正直、取り付けは困難を極めました。

まずはどうやって取り付けるか考察からです。

Dsc_8438_2
形状はこんな感じなので、邪魔なところはどんどん切っちゃいましょう。

Dsc_8439_2足が長いので、これぐらい切りました。

Dsc_8481_2バンパーに引っ掛けるアームの長さもJOKERには全く合わないので、思い切って切っちゃいました。

いろいろ考えた末、バンパーの取り付けボルトを利用しながらステーを組み合わせて取り付ける事にしました。

Dsc_8483_2配管固定用のこんな金具を使ったりして、

Dsc_8484_2手曲げが出来るこんなステーを切って使ったり、

Dsc_8482_2完成です!

バッチリ 固定されてますよ。

見た目も違和感なく、純正品のようです!

Dsc_8485_2これをキャリアとして使うのかと言ったら、たぶん使わないです。

じゃあ、何で付けたんだよ!

カッコよかったからです。smile

「ジョルノ」のキャリアを流用する人もいるようです。

多分そちらのほうが楽に付くんじゃないかな?

正直、もうこの作業は やりたくないです!

Dsc_8487_2キャリア取り付けに伴って、先日作成した「風切り板」の一部がキャリアに当たりそうになったので、少し形状を変えました。

一応は予定していたJOKERのモディファイはこれで終了になります。

あとは大切に乗ってあげるだけですね。

2ストエンジンは、とにかく乗ってあげれば乗ってあげるだけ調子が良くなるともいいますしね。

motorsports

JOKERとても気にいってます。

買っておいてよかったな。

では。
















| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/08/12

JOKERいじり。

連休に入りましたね。

暑いです!

今日はエコパでフリマがあったのですが、途中で大雨に見舞われて退散と成りました。

特に目ぼしい物も無かったので今日は坊主です。

rain

先週より少しJOKERいじりをしていますので今日はそのご報告です。

一応はJOKERのほうも少しづつオリジナリティを出そうとしています。

今回はこんなアイテムを入手しました。

Dsc_8399_2「VESPA」のマットフラップです。ゴム製ですね。

今回はコレを工夫して取り付けようという事です。

「まぁ、なんとか取り付くでしょ。」

という安易な発送で入手しているので、到着した時から現物と実車を見ながら、どうやって取り付けるか考察に入る作業からです。

Dsc_8410_2JOKERは、テールに大きなメッキバンパーが付いているのでその取り付けボルトを利用することにしました。

画像は既に短いステーを二本出してあります。

ステーは、鉄板に穴を開けた自作品です。

Dsc_8411_2ブリキ板で補強を入れてこんな具合に取り付けしました。

と簡単に書いてますが、結構位置合わせなど苦労しています。

フラップに思いっきり「VESPA」とか入っているので、適当なステッカーで隠す事にしました。

Dsc_8414_2どうですか、苦労の後ですよ。

しかも画像は夜ですよ。

そう、平日の夜に作業してたんですよ。

JOKERはクラシック・ベスパのデザインをかなり参考に作られたスクーターだと思うんですよ。

「和製ベスパ」とも呼ばれたぐらいですからね。

いろいろベスパの画像とか参考にしながらモディファイしています。

次はコレです。

Dsc_8381_2「風切り板」を製作しました。

以前、ベンリィでもやっているので同じ作業をしました。

Dsc_8365_2まずはダンボールで型紙を作ります。

出来映えに最も影響を及ぼすので、この作業は重要です。

特に重要なのは、フェンダーのRに風切り板のRを合わせる事ですね。

このRが合っていないとダメな感じになります。

Dsc_8366_2ブリキ板に転写して。

Dsc_8368_2金切り鋏で切り出します。フェンダーのRに合うように調整しながら切りました。

Dsc_8369_2縁にバリが出るので、ヤスリで落とします。

グラインダーで成形の微調整もしています。

Dsc_8370_2穴を開けて。後は、ペーパーで塗装の下地処理をして。

Dsc_8373_2塗装して完成です。

Dsc_8383_2ホムセンで買ってきた小さなL字ステーで取り付けしました。

ベスパのフェンダーオーナメントを取り付ける方もいますが、私は風切り板のほうがクラシック感が出るような気がしましたのでそうしました。

今回の作業はここまで、次回は少し大掛かりな作業になるかも。

では。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/07/28

ケツのBBQは ごめんだ!

久々に浜松に台風上陸です。

進路にあたる地域の方はお気をつけください。

今日は午前中、半日仕事に行ったあと、帰宅しました。

台風が来るのがウソのようないい天気でしたので少し作業を。

この時期、日向に停めておいたバイクに乗る時、シートが激熱状態になっていることがよくありますよね。

座ったらケツがBBQになるかと思う事もしばしば。

先日、バイク用品店へいくとそれを解消してくれるグッズがありました。

でもなかなかの高価で買うのをやめました。

自作に踏み切ります!

材料は100均でリサーチ済みです!

DIYをする人は、100均、ホムセンには、例え買い物が無くとも常に通っていなければなりません。

どんなアイテムがあり、どんな素材があるかを常にチェックしておくわけですね。

今回購入した品物はコレ。

Dsc_8359_2「快適メッシュクッション」

もうそのまんまですね。

これをシートに固定するわけです。

Dsc_8362_2まずはベンリィのほうから施工です。

SRのシートに換装しているのでタンデムベルトがちょうどいい位置にありました。

迷わずインシュロックで固定、前のほうは、シートの下に紐を通して結びました。

全くズレなくてOKです。

試走すると、ケツが直接シートに当たらないので、熱くなく快適です!

ただ見た目がイケてないので、ビジュアルを気にするライダーさんにはお薦めできません!

もう50歳を過ぎると、実用性、快適性の重視以外にないですよ。

Dsc_8363_2
でも実質200円で出来ていることを考えると、やる価値はありそうですよ。

同様にJOKERのほうもやりました。

この夏、これでケツのBBQとも おさらばさ!

Dsc_8346_2
では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/07/21

出航 さすらい

それにしても 毎日暑いですね。

梅雨明けが早かったので ある程度予想はしていたんですが、これ程までに暑さが続くとは。

熱中症にはくれぐれもお気をつけください。

熱中症は、寝ている間にもなるそうですよ。

sun

さて、不整脈での体調のほうも かなり良くなってきました。

一時は、どうなるかと思いましたよ。

日常生活では、ほとんど自覚症状は無くなりました。

完治することは無いので、このままの状態を維持できれば ◎ じゃないでしょうかね。

そんな中、今日は父の墓参りにいきました。

Dsc_8314_2でも、お線香を持っていくのを忘れました。coldsweats01

お線香はいつもクルマに常備しているんですが、今日はNEW マシンを親父に見せようとJOKERで行ったので忘れた次第です。

お許しください、親父様。

親父は、

「また買ったのか!好きだな お前も。」

と言っていました。

「まぁ、あなたの子ですから。」

bleah

それにしても暑かった。

信号で停まるとアスファルトの照り返しで息ができなくなる感じがしましたよ。

ちょっと危険な暑さなので、夕方少し緩和されるのを待って、久々にベンリィでツーリングしました。

Dsc_8323_2とても気持ちのいいツーリングでした。

バイク乗ってて良かった。happy01

Dsc_8333_2海まで行きました。

Dsc_8351_2

病み上がりからのツーリング、流れる雲を見ていたら、こんな歌を思い出しました。

  いつの日か この俺も

  命尽き果てるなら

  あの雲にまかせて

  遥かに さすらい歩く

  生きてゆく 道連れは

  夜明けの風さ

寺尾 聰さんの「出航 さすらい」という曲ですね。

1980年に発売された曲です。

YOKOHAMA タイヤのCM曲だったので、クルマ好きな少年達は子供ながらに聴いていたんじゃないでしょうか?

当時、寺尾さんは「ルビーの指環」が驚異的なヒットを飛ばしていましたが、私は「出航」のほうが好きで、レコードも買っていましたね。

大人っぽいメロディに男っぽい歌詞が好きで、当時はこればかり聴いていた記憶があります。

ちょうど大人に憧れる時期でもありましたからね。

寺尾さんは、「西部警察」にも出演されていましたから余計に好きでした。

ただ、マグナムは片手で撃っちゃダメだと思います!(笑)

sun

まだまだ暑い日は続くそうです。

今年の夏もなんとか乗り切らねば・・・。

では。







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/07/14

診断。

7月のこの時期、浜松はお盆になるので大手企業は四連休になります。

昨日より四連休に突入しておりますが、昨日は相変わらずの忙しさで休日出勤してました。

暑かったですね~。catface

今日は休日になりましたので、病院へ持病の診察に行きました。

最近、少しづつ体調が良くなってきている感じがありましたので、少し期待しながら診察していただきました。

心電図を取ると、不整脈はあるものの、回数は激減しており治療の効果が大きく出ていました。

とりあえず、薬で治療を続けるという診断となり、少しホッとしました。

よかった、よかった。

happy01

今日も暑かったんですが、診断結果が良かったので少しJOKERで出かけました。

Dsc_8126_2実家の近くにある、子供の頃から「お気に入りの場所」となっている場所です。

東名高速道路の橋の上なんですよ。

子供の頃、兄と自転車でここへ来て、高速を走ってくるクルマに手を振るんですよ。

優しいドライバーさんは、手を振り返してくれたり、パッシングしてくれたりするんですよ。

それが何か嬉しくて、よく来てましたねここは。

将来自分もクルマに乗るようになったら、そんな優しいドライバーになりたいと思ったりしていましたね。

でも残念ながら、高速道路走ってて、子供が橋の上から手を振ってくれるという状況に出くわしたことはまだ無いんですよ。

時々、前のクルマの後部座席に乗っている子供が、後ろを向いて手を振ってくる事はありましたのでちゃんと答えてあげましたよ。

その時、いつもこの橋の上の事を思い出していました。

子供の頃、大人から受ける経験って結構重要で、自分が大人になった時に影響が出ますよね。

子供の頃、甘やかされて育つと、やっぱ大人になってから人の心の痛みが解らない人間になったり、自己中心的な人間になったりします。

始まりから悪い子供なんていない訳ですから、やっぱ親とか周囲の大人の問題なんです。

最近のニュースでも、幼児虐待とか監禁とか ろくでもない大人が多いので、子供達はかわいそうです。

そう考えると昭和の時代っていい時代だったなと思いますね。

sun

JOKERに乗っていると、ケツが痛くなってくるんですよ。

何でかというと、シートの表皮が経年劣化で固くなっているのでケツが落ち着かないみたいなんです。

思いきって、シートを交換することにしました。

ネットで探しました。

Sim
形はコレが良さそうだったので購入しました。

でも色が明るすぎて気に入らないので、染めQで塗ることにしました。

Dsc_8221_2ブラックで塗ったんですが、塗料が足りなくなって少し「まだら狼」になってしまいました。

面倒なので、もうこれでいいです。

模様だと思えばいいんです!

ところで、「まだら狼」でニヤついた人はヤバいですよ!

「まだら狼」と言えば この人です。

132463921347013113559_13244563790_2昭和のプロレスファンの方、お待たせしました。

そう「上田馬之助」さんです!

残念ながらもうお亡くなりになられています。

新日本プロレスを中心に竹刀を振り回すヒールレスラーとして有名でしたよね。

「金狼」とも言われていました。

タイガー・ジェット・シンとタッグを組んだり、いろんなプロレス団体を渡り歩いた事でも有名ですよね。

上田馬之助と言えば、反則攻撃や凶器攻撃とか汚いイメージがあります。

でも、あまり知られていない事なんですが実は彼、サブミッション(関節技)の名手だったんですよ。

以外でしょ。

猪木さんや元UWFの前田日明さんなども対戦の時は、かなり警戒して戦っていたようです。

特にアームロックを得意としていたんですが、試合では結局反則負けというパターンが多かったです。

でも、「まともに戦えば かなり強かった。」と、山本小鉄さんもおっしゃってましたね。

ただ、まともに戦わないのが彼のスタイルだったので、関節技の名人という事が表に出なかったんですね。

晩年は交通事故に遭い、半身不随状態になり2011年にお亡くなりになられたそうです。

素晴らしい技を持ちながらも、ヒールという立場を貫き昭和時代のプロレスを盛り上げた上田馬之助さん。

昭和のプロレスファンは、決して彼のことを忘れないでしょう。


では、皆様、よい休日を!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ご無沙汰しておりました。