« 2017年4月8日 | トップページ | 2017年4月15日 »

2017年4月9日

2017/04/09

始まりはミラクルで。

sun 昼から晴れましたね。

昼飯も食わずに活動開始ですよ!

今日はバイク小屋の内装に着手しました。

材料はすべて既存の素材を使用します。

2013年7月、会社からもらった廃材をそのまま利用します。

これですね。

当時の写真です。

713空輸されてきた機械の梱包に使用されていたコンパネですよ。

税関か何かのスタンプとかが割りとカッコいいので、またそのまま使用します。

まずは床にコンパネを敷くところから作業開始です。

Fnifkpvj8q87z2v1491741751_149174180いきなりのミラクルでした!

無加工で、コンパネのサイズがドンピシャですよ!

こりゃ幸先いいぞ!

Vwypeviablabvef1491741849_149174189チップ材からいきなり普通のコンパネに変わっているところはご愛嬌です。

なんせ廃材利用ですからね。

それぞれ大きさの違う四枚のパネルを使っているのですが、ほとんど無加工で床が敷けました。

大幅に作業時間が短縮になりました。

まさにミラクル!

happy01

次に壁を立ち上げます。

Aw7amnwd_9lrsk01491739620_149173965L字金具で立ち上げています。

割としっかり固定されていますよ。

前にツールBOXが来るのでより固定されます。

これで廃材も無くなりましたのでガレージグッズを運び入れます。

Dsc_0393_2母屋の和室を占拠していたツールワゴンとツールBOXとパイプ棚を次々と運び入れます。

これらはすべて、来たるべきガレージ・ライフのために10年以上前から集めていた物です。

やっと収まるべき所に収まりました。

Dsc_0398_2メットやらストックしていたパーツ類もどんどん入れていきます。

本当はちゃんとディスプレイしたいんですが、もう西日になってきてますから、とりあえず詰め込みました。

Dsc_0406_2時間が無くてゴミまで一緒に持ってきてますよ。

日が暮れそうなので、そろそろバイクを中に戻していきます。

バイクの出し入れはトランポ用のラダーを使って行います。

Dsc_0399_2引き戸のレールを保護するようにちょっと一工夫します。

レールに直接タイヤが乗るとバイクの重みでレールが曲がってしまうかもしれないので、当木を入れるんです。

S_dsc_0402202配置はこんな感じにしました。

スクーターは手で持ち上がるので、一番奥に入れてスペースを稼ぎます。

M6obwwtj3u2qgqz1491739515_149173957結構詰まってますね。

Dsc_0400_2ベンリィは、センタースタンドを掛けると少し後ろに下がるので引き戸までギリギリになります。

これもミラクルでした。

Gj6oen0l_wxvzuo1491745182_149174527
問題の作業スペースはツールワゴンの所ですね。

ツールワゴンは移動が効くので、そこそこのスペースがあります。

ちょっと作業台を置くスペースは無さそうです。残念weep

最後に、ガレージが出来たら どうしてもこれだけはやりたかった事です。

Dsc_0411_2亡き父の写真を飾ること。

父がバイクに乗っていなかったら 私もバイクに乗っていませんでした。

父がベンリィに乗っていなかったら 私もベンリィには乗りませんでした。

Dsc_0414_2父が若い頃に乗っていたホンダ・ドリームとホンダ・ベンリィの絵も一緒に飾りました。

夢のガレージ・ライフ。

今日が本当の始まりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小屋マニア。

「ガレージ」に憧れ、「バイク小屋」を考えるようになって、もう何年になるでしょうか?

亡き父の力添えもあり、やっとその世界に一歩足を踏み入れる事ができました。

実は、バイク小屋の施工方法やらを いろいろ考えたり調べたりしているうちに、状況があらぬ方向へ進んでおりました。

そう、私の持病ともいえる「マニア魂」に火がついていたのです。

先日、こんな雑誌が発売されていました。

20170408234151_2すかさず購入して、夜な夜な ニヤニヤして見ているという異常な事態です。

20170408234131_2もちろん今回が初めてではなく、過去に発売された小屋関係の雑誌はしっかりと購入し、穴が開くほどに見ていたんですね、夜な夜なですよ。

危ない、危ない。

あと、このような内装関係の雑誌を見てイメージを膨らませてニヤニヤしていたり、

20170408234101_2
Dsc_0368_2DIYの雑誌で、小屋の数ある施工方法を学んだり、

あと、高価で買えない「小屋」の本を見るために本屋さんへ通ったりしていた訳ですよ。

結構あるんですよ、「小屋」関係の本。

更にその勢いは留まることを知らず、クルマで走っていて気になる小屋を見つけたら すかさず停止してスマホで撮影するような もはや常軌を逸した行動も目立ってきました。

以下は私のスマホ内にある、「小屋写真コレクション」の一部です。

Dsc_0361_12Dsc_0364_2Dsc_0365_2Dsc_0366_2
二枚目の茶畑にある小屋の写真なんか、待ち受けにしたいぐらいですよ。

でも、こんなにも「小屋」という物を愛してやまない状況でありながら、「とても人には言えない。」という、まさに「生き地獄」な日々を何年も送ってきたんですね。

今回、自分の小屋を持った記念に、カミングアウトすることにしました。

全国の小屋マニアの男達、出てこいや!














| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年4月8日 | トップページ | 2017年4月15日 »