« 早朝歴史探訪。 | トップページ | 連休後半戦、いってみよう! »

2017/08/09

寺施餓鬼。

今日は最高に暑かったですね~。wobbly

もうすぐ新暦のお盆ですよね。

今日は、仕事のほうはお休みをもらってお寺での法要に参加しました。

昨年父が亡くなり、今年が初盆となるので、菩提寺のお寺さんの法要に本格的に参加するのは、おそらく初めてじゃないかと思います。

Dsc_0757

今日の法要は「寺施餓鬼」というものです。

もちろんその法要の名前は聞いたことがあった訳ですが、その意味については、何が何だかという感じでした。

何も知らないで参加するとういうのもどうかと思い、ちょっと勉強してみました。

仏教を崇めている割には私も知らない事が多いです。

この「施餓鬼」、お盆の時期に行われることがほとんどなので、お盆の法要のように思われるのですが、実は違うようです。

宗派によっては、お彼岸の時期に行うところもあるようですね。

「施餓鬼」とは簡単にいうとその字の如く、「餓鬼を施すこと」となります。

仏教には六道と呼ばれる世界があります。

「地獄」、「餓鬼」、「畜生」、「修羅」、「人間」、「天上」

がそれになります。

そのうちの「餓鬼道」が今回の法要に関係があります。

仏様になった人はだれもが成仏するとは限りません。

「餓鬼道」に墜ち、苦しんでいる無縁仏も存在するんですね。

その仏様を供養することによって、自分自身にある「餓鬼の心」も反省するというのが本来の「施餓鬼」の目的のようです。

でも、お盆の時期に行うことによって、亡くなった御先祖様がスムーズに現世に帰ってこられるように餓鬼の無縁仏にお願いするという認識もあるようです。

「寺施餓鬼」は、同じ宗派で同じ地域のお寺さんの住職が集まって各お寺を法要して回るようですね。

そのお寺さんの檀家さんが集まるので結構盛大な行事になりますね。

この法要、賑やかしが必要らしく、子供の参加も促しているため、娘と孫達にも参加してもらいました。

夏休みで暇を持て余しているようでしたし。

ちゃんとお礼に、高額なオモチャを買ってあげましたよ!

今は「キュウレンジャー」と「リカちゃん」が来ているようです。

ちゃんと バカじいじ やってま~す。

また、私の実家のある遠州には、自宅規模で行われる「内施餓鬼」という法要もあります。

私で言えば、亡くなった父が無事に自宅に帰って来られるように更に餓鬼の無縁仏の方々にお願いするということなんでしょうね。

仏教の法要も何も知らないと、「成すがまま」ただやるだけになってしまいますが、ちゃんと調べてみると、実はとても理に適った大切が法要である事がわかりますね。

やっぱこういう事をないがしろにして現世での幸せなどあり得ないと思いますね。

少しづつ、人生の勉強です。

では。

|

« 早朝歴史探訪。 | トップページ | 連休後半戦、いってみよう! »

禅 」カテゴリの記事

コメント

Shemales from group networks
http://shemaledating.sexblog.pw/?blog.evelin
free shemaleporn.com free pron vidos.com freeshemal sex shemal pict tgirl

投稿: juanur1 | 2017/08/09 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517725/65643767

この記事へのトラックバック一覧です: 寺施餓鬼。:

« 早朝歴史探訪。 | トップページ | 連休後半戦、いってみよう! »