学問・資格

2012/01/15

お受験。

センター試験を受けた学生さん、ごくろう様でした。

私は幼少の頃より、人一倍「勉強嫌い」で育ってきたので、物心がついた時には既に「オレは大学へは行かない。」と決めていました。

もちろん、勉強をやった事がないので、大学なんかに行ける訳がなかったのですが、万一、天文学数値の確立で、私に学力というものがあったとしても、たぶん大学へは行きませんでした。

なぜそんなにも頑なに、進学を拒否していたのでしょうか?

それは、「一日でも早い自立」なんです。

私は次男だということもあり、早々と両親から「自立心」を植え付けられました。当時は子供だったので寂しいと思ったこともありましたが、今はそのように育ててくれた両親にはとても感謝しています。

そんな感じだったので、幼稚園児の頃には将来の夢がはっきりとしていて、周りの友達が「将来ボクはウルトラマンになる!」と夢を語っている中、私だけは「オレはボートレーサーになって金を稼ぐ。」と極めて現実的な夢を語り、幼稚園の先生達を驚かせたというエピソードも残しています。夢は高校の時にあきらめましたけど・・・。

Imgツーリング中、一服する私。この頃から既にボートレーサーの夢が。っていうか、やっぱ単車に跨ってる。

ただ「自立」といっても子供なので、「自分だけで生活をしろ。」という意味ではありません。「自分のことは自分でできるように努力しろ。」という意味です。

両親が共働きだったので、土曜日で学校が半日の時は、昼飯を自分で勝手に作って食ってたこともありました。記憶では、小学校低学年には既に、お好み焼きを作って食ってたような気がします。兄貴もそうだったので、結構兄貴に教えてもらったり、一緒に作ったりしていましたね。

現在の親御さんからしたら、考えられないでしょうね。

もちろん危ない時もありましたよ、当時はガスコンロやガス炊飯器も出来が悪く、しばしば不完全燃焼を起こし、火が消えるというトラブルが耐えませんでした。子供なので訳がわからず、無理やり再点火させようとして、私も兄貴も3回ぐらいはガス爆発をさせています。まつ毛と前髪がパンチパーマになってオオウケでしたわ。

高校は県下でもトップレベルの学力の低い高校で、しかも機械科だったので、必然的に進学なんてことは頭の隅にもありませんでした。とにかく「卒業したらすぐ家を出て働く。」そして「スポーツカーを買う。」ことがすべての目標となっていました。

そして、現在に至ります。

誰が聞いても理解できる程、解りやすい人生ですね。でも、後悔は全くないです。「いつでも一生懸命やれ!」という事も親が教えてくれたので、例え底辺で生きていても、必死ではやっていたんですよ。

しいて言えば、「勉強しておけばよかった。」と思う時もあります。

現在でも、教職に就かない限り、難しい方程式を解いても、むずかしい文法を学んでも、それその物は「人生の役にはたたない」と個人的には思っています。

でも、「勉強をする」という行為自体は、自分自身が人生の壁に突き当たった時、人生の曲がり角に立った時、自らの頭で考え、道を切り開く力が養われるているということは確実です。

私のように勉強をしてこないと、人生の曲がり角に立っても、選択肢が極端に少なくなって間違った道を選んでしまう確立もぐんと上がり、最後にはサイコロに決めてもらうしかないような人生になってしまいます。

そうならない為にも、大学に合格したら「勉強」してくださいね。

センター試験お疲れ様でした。

合否は別として、センター試験を受験した時点で、みなさんはもう認められているってことなんですよ。

それを利用しない手はないんですよ!

今日はちょっと真面目な内容だったなぁ。

きょうもコメント0件かな?

午後、ベンリィを磨いた後、ちょっとだけ乗りました。寒すぎてすぐ帰ってきましたが・・・。

11 公園の駐車場で缶コーヒー飲みました。

今度はCAFEでも行こうかな。

バイク関係の作品をひとつ。

Bike_052_2 どこかのイベントで古い英国車「トライアンフ」を撮影しました。当時の英国車は、チェンジが右なんですよね。わけがわからなくなりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)