ホビー 

2017/10/29

蘇れ!ブルース・リー。

すげぇー雨降ってますよ。rain

台風の進路にあたる地域の方はお気をつけください。

この天気のせいでしょうか、血圧が上昇ぎみなので、今日は自宅でアトム君と寝てますわ。

typhoon

さて先日、といってもかなり前になりますが、悩んだ末に購入した物を紹介しておきましょうかね。

ちょっとマニアックな内容になりますので、ついて来れない方はこの辺で。(笑)

私はブルース・リー先生を崇拝しているわけですが、そんな私がどうしても食いついてしまう商品が今年発売されました。

コレです。

20171029154757_2
BANDAIの 「S.H. Figuarts」シリーズ、満を持してブルース・リーの登場です!

しかも、「燃えよドラゴン」タイプと「死亡遊戯」タイプの2種類です。

要するに「フィギア」ということなんですが、コレが驚きのクオリティの高さなんですよ。

20171029161353_2
ほとんどの関節が可動し、手や顔、武器のパーツもたくさん付いているので、ブルース・リー先生がやっていたあの決めポーズも思いのままなんですよ。

D5iivdkqptxesn31509261629_150926265ですから、画像のようにバランスよくポーズを決めると、なんと1本足でも自立するんですよ!

コレ、凄いでしょ!

正直、顔は今一つ先生に似ていませんが、とても満足する出来の良さです。

絵が好きな方は、デッサンモデルにも使えるんじゃないですかね?

価格は購入するところによって全然違うので、購入される場合は、ネットなどでよく探されたほうが安く購入できると思います。

まぁ、安くて一つ4000円前後でしょうかね。

私も購入するのに、かなり勇気がいりましたよ。

「S.H. Figuarts」シリーズは、いろんなキャラクターが発売されているので、もしかしたらあなたがお気に入りのキャラクターもあるかもしれませんよ。

このクオリティの高さなら、「仮面ライダー」の購入も考えようかなと思っています。

画像とかでもいいんですが、やっぱ3Dだと臨場感がありますよね。

movie

ブルース・リーつながりでもう一つの話題です。

私はあまりテレビドラマとか観ないほうなんですが、今回観ているドラマがあります。

026ff02e535fc989cacfa24af95469e4172
綾瀬はるかさんの「奥様は、取り扱い注意」です。

タイトルからして、よくありがちな「おふざけドラマ」かと思いきや、なかなかのもんなんですよ。

何が「なかなか」かって、綾瀬さんのアクションなんですよ。

綾瀬さんの設定が、「元女特殊工作員で今は主婦」という妙な設定なんです。

普通の奥さんが悪いヤツを得意の格闘術で成敗するという、実に痛快な内容です。

綾瀬さんがこなすその格闘術というのは、フィリピン武術の「カリ・シラット」という武術です。

カリは、ブルース・リー先生のジークンドーを継承するダン・イノサント氏が有名ですよね。

イノサント氏は先生の友人であり、弟子でもあり、師匠でもある人物です。

ジークンドーは、いろんな武術のいいところを集めて考えられている武術なので、当然カリの技術も生かされていますね。

ですから この二つの武術はとても似ているところがあります。

このドラマのために綾瀬さんはカリを猛特訓したようです。

綾瀬さんというと、イメージと役柄的に「どんくさい」イメージがありますが、実はとても運動神経がいい方なんですね。

大昔やっていたポカリスエットのCMの時、その走り方が実にサマになっていた印象があります。

もうすぐ始まるNHKの「精霊の守り人」でのアクションも凄いですしね。

実はこの「奥様は、取り扱い注意」、どうもブルース・リー先生をリスペクトしていると思われる場面が随所に見られるんです。

特にこの「こいっ!」という手招きポーズ、

20171029165633_220171029165522_2
これブルース・リーが「ドラゴンへの道」とか「死亡遊戯」でやってたポーズなんですよ。

その後、漫画「北斗の拳」やあらゆるカンフー映画でも使われるようになってましたけどね。

志穂美悦子さん以来、美人アクション女優ってなかなかいなかったんですが、以外にもいましたよね、綾瀬はるかさん。

でも綾瀬さん、また婚期が遅れそう・・・・。

でもまた、好きになりましたわ。

「奥様は、取り扱い注意」

アクション好きには見逃せないドラマです。

9n5yjkgj5_ribql1509262694_1509262_2もちろん、コレでも出来ちゃいますよ!

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/03/26

スケール。

コレ、出来いいわぁ~!

Dsc_0333_2
「TOYOTA 2000GT」のトイラジですよ、トイラジ。

ライトも点くんですよ!

Dsc_0339_2
スゴイっしょ!

っていうか、また買ったんかい!

最近、「ネットフリマ」ってのを知って、試してみたかったんですよ。

どんだけフリマ好きなんだよ。

まぁ、えらい安かったんで。

もちろん そのままでは納得いきませんので、ちょっと手を加えちゃいます。

Dsc_0336_2
「墨入れ」ですよ。

コレやるとシマるんですよね。

っていうか、ボディ色 変わってるじゃん!

何台買ったんだよ!

3台買いました。

赤と白の2台購入しようとしたら売主さんから、

「白がもう一台あるんで、ついでに引き取って下さい。」

という返事が。

「まぁ、孫にあげればいいか。」

ということで3台購入した次第です。

Varwwwclientsclient1web2tmpphpwv8ch

フロントマスクからして、前期型の2000GTですね。

このデティールは、なかなかのもんですよ。

トヨタ自動車も承認している商品ですからね。

Varwwwclientsclient1web2tmpphplcqcj
プラモデルとかミニカーとかもそうなんですが、「スケール」ってありますよね。

「縮尺」ってヤツですよ。

クルマ、飛行機、鉄道などそれぞれ実車の大きさが違いますから、対照物によって主流となるスケールも違ってくるんですね。

どうやら それらのスケールは、「手のひらサイズ」という事が基準になっているらしいです。

クルマの場合、プラモデルは「1/24」が主流ですよね。

大き過ぎず、小さ過ぎずという絶妙な大きさです。

プラモデルは、ミニカーと違い「製作する。」という作業が伴うので、あまり小さすぎてもいけない訳ですね。

ミニカーは、よくご存知のトミカが「1/43」なので、日本で「ミニカー」と聞くと、だいたい「1/43」の大きさを想像しますね。

今では「京商」というメーカーも参入してきて「1/64」という独自のスケールを展開しています。

食玩など缶コーヒーなどにオマケとして付いているミニカーは、圧倒的に京商の物がクオリティが高いですね。

近年は、成型の技術が格段に向上しているので、小さな物でも かなり精密に再現されていて驚きますよね。

Dsc_0340_2手前の240ZGが「京商」、奥のマクラーレン・ホンダがトミカになります。

でもアメリカの主流はちょっと大きくて「1/18」が主流のようです。

アメリカ人は、やたら でかい物が好きですからね。(笑)

航空機は実物がでかいので、戦闘機が「1/72」、旅客機が「1/200」が主流ですね。

鉄道模型は世界的に見るといろいろスケールがあるんですが、日本では「TOMIX」や「KATO」が採用している「Nゲージ」が主流なので「1/150」となっていますね。

6r0ffabv9ucoqws1490526929_149052701マニア仲間の友人から画像をお借りました。「Nゲージ」ですね。このクオリティの高さは圧巻です。

列車は長いので、これも実に絶妙な大きさだと思いますね。

ちょっと珍しいのは、「1/35」というスケール。

これはタミヤ模型が独自に採用したスケールで、戦車などミリタリー関係はこのスケールにしているんですね。

とまぁ、スケールにもいろいろあるんですが、

でもコレ、単純に実車を採寸し、同じ比率で縮尺して作っているんじゃないんですよ。

Rzrcv2o6sc322191490527939_1490528_2

実車は実車であのサイズ感がカッコいいという事は当然なんですが、だからと言って それをそのまま縮尺してプラモやミニカーにしてもバランスが悪くなるらしいんですよ。

だからメーカーさんは独自にホイールベースを変えたり、フロントノーズを長くしたり、微妙に比率を変えて制作しているんですね。

だからプラモやミニカーのサイズでも我々は「カッコええ~!」と満足するということなんです。

やっぱオモチャメーカーって凄いんですよ。

特に日本のオモチャメーカーは、世界でも絶賛されていますもんね。

ああ、ちなみにプルバックカーのタカラトミーの「チョロQ」とかマルカの「ドライブタウン」等は、デフォルメされているのでスケールは記載されていませんね。

でも、その出来は素晴らしいものがあります。

私的には、デフォルメされているほうが好きな感じがありますね。

Dsc_0343_2画像の「ハコスカGT-R」は、左から「ドライブタウン」、「スタンダード チョロQ」、「ちびっこチョロQ」になります。

Dsc_0344_2このデフォルメは見事だと思います。

やはり日本のメーカーは、オモチャにおいてもその技術力の高さは驚くものがありますね。

wrench

そして、最後にコレは「1/1」のモデルになりますね。(笑)

Dsc_0207_2
自らが乗れるので、これが一番楽しいかな!

今日はとっても「マニアな話」でしたね。

昨日、BS日テレで放送していた「中川翔子のマニアまにある」の放送が終了したので、かなりブルーな日曜でした。

では。

| | コメント (2) | トラックバック (0)