箱車 

2017/01/28

バッテリーを換えよう。

先日の車検時、車検を頼んだ自動車整備屋さんが、

「おクルマは問題なく車検を通りますので・・・・。でも・・・。」

と残念な表情を浮かべる担当の方。

「バッテリーのほうが6年も使用されていますので、もういつ逝ってもおかしくない状態です。」

去年レジアスを買った時、「クルマ屋が換えてくれてある。」とずっと信じ込んでいました。

おいクルマ屋!5年も使ってたら普通換えるだろ!

pout

「バッテリーを交換しますと、工賃込みで16800円になります。」

「自分で交換しまーす。」

即答です。

自分でできる事は自分でして、少しでも安く上げようというマニア特有の考え方です。

で、浮いたお金で 新たなパーツを。

punch

ちなみにレジアス・エースのガソリン車は、年式にもよりますが搭載バッテリーは「75D23R」という品番になります。

早速ネットにて安価なバッテリー探しです。

国産品を探していましたが、やっぱ国産は高価なんですよ。

一応ホムセンでも確認しましたが、最安値は12800円でした。

「やっぱヤ○オクだな。」

あった!送料込み6800円!

でも、あまり信用おけない韓○製です。

「まぁ、2年もってくれたらいいや。」

と騙された気持ちで購入しました。

Dsc_0136_2もしダメだったとしても、マニアの皆さんにご報告できますしね。

「やっぱダメやった・・・。weep」とか、

「いやいや、買いですよ!happy01」とか。

どうなることやら・・・。

また、安物買いの銭失い となるのでしょうか?

sad

では、交換しましょうか。wrench

ハイエース/レジアス・エースは、1BOXカー。

普通のクルマと違い、人間はエンジンの上に乗っています。

バッテリーは、助手席シートの真下にあります。

Dsc_0135_2フードのヒンジを外してシートを跳ね上げると出てきますよ。ここです。

バッテリーは想像を絶するほど重量があります。

車種によってはエンジンルームから持ち上げるのが困難な場合もあるんですよ。

特にディーゼル車は、でかいバッテリーが乗っかっていますので とにかく重たくて、ちょっと非力な人だとエンジンルームから下ろせないぐらいなんですよね。

私も昔、ハイラックス、パジェロなどディーゼル車を乗り継いでいた時期があって、バッテリー交換では苦労していた思い出があります。

でも交換時 新しいバッテリーを入れる時、ちょっとした手間をかけておくと、楽に交換できたりするのでこんな事をお試しください。

私はもう30年も前からやってます。

ああ、私のレジアス・エースは前オーナーの方が奇跡的にやってくれてありました!

やっぱ皆さん 苦労されている証ですね。

Dsc_0138_2荷造り用の紐とかロープとか何でもいいんですが、バッテリーを入れる前、紐が底で十字になるように敷いておだけなんですよ。

古いバッテリーを取り出す時は、重くて持ちにくいバッテリー本体を待たなくても 紐を持ち上げれば割と楽にバッテリーが取り出せるんです。

とお薦めしている割には 今回購入したバッテリーにはしっかりと、

Dsc_0137_2持ち手が付いておりました!ラッキー!安いのに やるじゃん!

Dsc_0140_2しっかりとコネクターを締めて 作業完了です。

作業時間は10分程度でした。

バッテリー交換、カーショップにお願いすると工賃が500円ぐらいする上にバッテリーも割高です。

交換作業は正直メンドクサイです。寒いし・・・。

でも自分でやったら、1万円も安くできました。

さぁ、これをどう見るかは あなた次第です!

wink

自分でやる決心をした そこのあなた!

もう、マニアです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/21

マニアは時と場所を選ばず。

先日、朝の通勤時、「やけにライトが暗いなぁ。」と思ったら案の定、運転席側のバルブが逝っていました。

昨年、納車と同時に交換した格安の5200ケルビンのハロゲンバルブでしたが、案の定、一年持たなかったです。

価格のせいなのか、使用頻度のせいなのか、いづれにしても早死でした。

Dsc_0133_2
実は2ヶ月程前、助手席側も死んでいたんですよ。

その時は休日の夕方に気づいたので、そのままホムセンに立ち寄り、同じバルブを購入しました。

片方切れたままで走る事にとても抵抗があるので、もう暗くなったホムセンの駐車場で現地交換しました。

工具箱を常にクルマに積んでいるので作業自体は訳なくできるんです。

でももう日が落ちて結構な暗さだったので、外灯の下にクルマを停めて交換しました。

ですので かなり目立っていたらしく、他のお客さん達の注目を一手に浴びての交換でした。

ちなみにレジアスエースは、バルブを交換するためにヘッドライトのユニットを外す必要があり、そのためグリルを外したり、バンパーを外したり割と大掛かりな作業をしなければなりません。

で、今回は会社で気づいたので、仕事が終わってからの現地交換と相成った訳です。

「え?何でバルブなんか持ってるの?」

という疑問が沸きますよね。

前回が助手席側のみの交換でしたので、もう一個の片割れをダッシュボードに入れていたという事なんですよ。

wrench

仕事が夜7:00までなので作業開始はPM7:30になりました。

会社の敷地内で寒くなく、それでいて明るい場所を探していると若い衆が、

coldsweats02「MDさん、何やってんすか?」

smile「バルブ切れたから換えるじゃん!」

そう言うと若い衆は驚いたように、

coldsweats02「え~!自分で換えるんですか?しかもこんな寒い夜に!」

smile「決まってるじゃん!」

coldsweats02「絶対おかしいです!自分で換えるのはともかくとして、予備のバルブを持っている事が信じられないです!」

smile「まぁね!」

彼の目には、私がかなり異質な人間に見えていたようです。

もしかしたら「常軌を逸している。」と捉えたのかもしれません。

まぁ、マニアは危機管理能力に優れているのと、時と場所も選びませんからね。

会社の若い衆数名が私の作業姿を横目に 意味有り気な笑みを浮かべながら帰宅していきました。

作業終了は8:00でした。

思ったより早くできましたね。

Dsc_0132_2
でも結局のところは、格安のバルブを使用している事には変わりがないので今度いつ切れるのか不安です。

やっぱ、

安物買いの銭失い。

ということなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/15

マニアの選択。

箱車マニアのみなさん、こんばんわ。

毎日会社に来るトラックの運転手、彼はバイク乗りということもあり、私にしては珍しく気の合う人物の一人であります。

昨年、こんなおいしい話を持ってきました。

「MDさんちって、一戸建てですよね?」

「そうだけど?」

「ツレが”2トントラックのコンテナ欲しい人いないか”って言うんですけど、MDさん バイク小屋に欲しいかなとおもって。もちろん運び賃だけで物はタダですよ。」

ちょうどバイク小屋を模索している時だったので、

「くれるなら欲しいよ!大きさ教えて!」

「今度聞いて画像送りますよ!」

「これはラッキー!」と思ったんですが、残念ながらこの話は、持ち主の都合で流れてしまいました。

でもそうやってバイクの話や夢のガレージの話を共有できる友人は彼しかいないので、ちょくちょく話をするんです。

そう、彼も かなりのマニアなのです。

smile

そんな先日、彼がニヤニヤして近づいてきました。

「MDさんのハイエース、いいっすよね!」

「そーお!!ありがと!でもあれハイエースじゃないんだな!レジアス・エースなんだなこれが。」

「ハハハ、マイナーな方っすね!」

「ハハハ、面倒だから普段は”ハイエース”ってことで話するけどね!」

レジアス・エース オーナーは、こんな会話をよくしているのも事実です。

すると彼は、

「実はボクもハイエース欲しくて、ちょっと探してたりするんですよ。」

しかも彼が探しているのは、”通の選択”とも呼ばれるグレード”DX (デラックス)”だというのです。

33
私のレジアスは紛れも無く”DX”、彼もなかなかのマニアですね。

私の場合は、結果的に”DX”になったんですが、初めはこの黒バンパーや鉄ムキ出しの内装にイケてなさを感じていました。

でも最近は ここにカッコよさを感じています。

やはり彼も黒いバンパーにカッコよさを感じていたようです。

う~ん、やっぱり マニアだな。

ハイエースを探す場合、ほとんどの人は、”S-GL”グレードを探します。

U00015531091_003l
このグレードは、貨物でも外装にメッキパーツをあしらったり、もちろんバンパーが塗装されていたり、内装も乗用車クラスに劣らないシートやパネルを使っています。

ですから業者でない限り、普通は”DX”は選択しないんですね。

ただエンジンや足周りはS-GLと同じなので自らカスタムする人にとってDXは願ったり叶ったりです。

そしてこのDXの最大魅力は、圧倒的な安さにあります。

私もハイエースを探す過程で判ったんですが、S-GLのハイエースは、走行距離が10万キロを超えている車両でも平気で200万円以上します。

しかもディーゼルエンジンともなると、更に20万円~30万円加算されます。

でもDXは、そこから50万円~100万円も安く入手できるんですよ。

だから私でも買えたんですね。

Dsc_1027_2

運転手の彼も現在ハイエースを探しているようですが、奥さんから”DX”の許可が下りないそうです。

「やっぱあのシートはないっしょ!」

ということらしいです。

まぁ、「装備を見るか、価格を見るか」 というところですかねハイエースの選択は。

でも最近、S-GLを買ってわざわざDXの外装にチェンジする物好きもいるみたいです。

「バンのデラックス」を略して「VANでら」と呼ばれているらしいですよ。

”DX”をあえて選択する者、”DX”にわざわざ換装する者、どっちがマニアなんでしょうね?

Ejswc6loynhvsit1484481435_148448159

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/01/08

車検。

箱車マニアのみなさん、こんばんわ。

レジアス・エースが車検から戻ってきました。

以前、ESSEの車検を頼んだクルマ屋さんが安かったのでそこに出しました。

でも、レジアスもいい感じに古いので、ちゃんと点検をしてもらったり 部品の交換をしてもらったりしたので、4ナンバーの割りには高くなってしまいました。

軽微な消耗部品は交換したので、来年は整備代が安い車検場を探します。

cloud

今日は朝から どんよりとした天候、今にも雨が降り出しそうな予感です。

予報では、昼から雨になるということでしたので日の出と共に起床。

車検のためノーマルに戻したレジアスを通常仕様にまた戻します。

あ~めんどくさい!

天気の事があるので若干焦りぎみに作業開始。

まずは大仕事からです。

wrench

タイヤをナスカーにハメ換えです。

デイトナホイールは鉄製であり、タイヤも16インチの225幅なのでとにかくタイヤ一本がクソ重たいんです!

軽自動車の時は、鼻歌まじりでヒョイっとタイヤ交換をしていたんですが、このクラスになると「気合」も必要になってきますね。

でもだんだんコツを覚えてきたので、微妙なボトルジャッキの高さ調整で少し楽にできるようになりました。

6jouhzku2wffixc1483860506
四本交換するのに40分もかかりました。

車検などクルマ屋さんにクルマを預けると、ほとんどの所がタイヤの脱着にインパクトを使用しますよね。

整備時間の短縮になるし作業も楽なので整備工場にしてみれば都合がいいんだと思います。

でも私はこれが非常に嫌なんですよ。

なぜなら、ナットが必要以上に固く締まっていて手では緩まなくなるんですよ。

今回も緩まないので、車載工具のL型レンチを足で蹴飛ばして緩めました。

私個人的には、インパクトでは絶対締まり過ぎていると思います。

ちゃんとタイヤ交換のルールを守れば、手締めで充分だと考えています。

過去の記憶では手締めでも、一度も緩んだ事なんかないですし、心配なら増し締めすればいいだけの事だし。

まぁ、仕事なら仕方がない部分はありますが、個人趣味レベルでのクルマいじりでは、楽だからといって、何でもかんでも機械に頼るのはどうかと思いますね。

自分の手を信じる事も大切だと思うのはやっぱ”マニア”なんでしょうか?

dash

休憩する間もなく、オーバーフェンダーの取り付けです。

Y8x0cs0wrdnvxga1483864607_148386477後側だけ付けてみました。

そうすると・・・

4kokznenmudezpd1483865526

Maxresdefault_2「ハコスカGT-R」っぽくなります。

delicious

っていうか、そんな事より早く作業しろよ!雨降りそうなんだから。

rain

今回は、メッキのセンターキャップを外しました。

私的なレジアスエース作りのコンセプトとし あまりクロームを使わないように仕上げたいというのがあったので、今まで若干の違和感を否めませんでした。

どっちがいいですかね?

2288nf7yk9pecmh1483860345_2センターキャップ有りの画

Acz9anpkvfhamt21483860717センターキャップ無しの画

「そんなの どっちでもいい。」とか言わないでください!

このように どうでもいいようなところにこだわる人間は”マニア”と呼ばれます!

delicious

なんとか雨に降られることなく、作業はAM10:00頃に終了。

事なきを得ました。

さて、箱車マニアの方はもうお判りでしょう。

実はこのレジアス・エース、数ヶ月前にローダウンしています。

さりげなく下げたかったので、ダウン量は3cm。

会社でも誰一人として気づいていない様子。

私にとってはこのレベルが大切なんです。

ハイエース、レジアス・エースのオーナーさんだけが、

「おっ!下げてるな!good

と判断できる微妙な感じです。

言うなれば、

「玄人業者のローダウン」

とでも申しましょうか。

ハイエースは、下げ過ぎると足周りに弊害が出て実用的でなくなります。

業者感を残しつつ、カッコよく仕上げるのが”VANマニア”なのです。

ちなみに4ナンバー車をローダウンする場合は、普通車の基準「最低地上高9cm」は適用されません。

4cm以内のローダウンまでがOKとなり、4cm以上ローダウンする場合は構造変更が必要になります。

貨物車なので、クルマの目的が荷物の積載にあるためですね。

confident

ああ、ちなみにテールランプもLEDに換装され、マフラーカッターも付いてますね。

2wm4svdzh0znlm81483873058_148387311パーツは全部フリマでGETしているので、実に安価に仕上げられています。

LEDランプはそのまま車検もパスでした。

rain

午後、本格的に雨が降ってきたので久々に工具屋さんへ。

まだ新春セール中なので、この「機会に何かGETしておこう!」という考えです。

「新春初売りは工具が安い。」という事を知っている人は工具マニアになります。

でも、「Snap On」や「MAC TOOL」に走らず、安価な工具に走るところが”マニア”です。

今日は会員にもなっている工具屋さん、「アストロ プロダクツ 浜松店」です。

Iz5mddtfyk9zo0q1483861761
やっぱアストロさんは実用的な工具が多いです。

しかも安い!

もう何時間いても飽きません。

結局、狭い店内を1時間も物色する事になり、大変お得な物をGETしました。

Rpoeo7l0atzve9c1483861810
「レジアス・エース トランポ計画」は徐序に進んでいます。

バイク固定用のタイダウンベルトを四本購入しました。

四本で1600円!新春セールならではの破格値です。

やっぱ行ってみるもんですね。

では、よき一週間を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)